忍者ブログ
気づいてください!伝えてください! HPに描ききれなかったアセンションに向けてのIkusaのブログ!
[48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [37
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんか、最近、太陽が大きくなったり、光が強くなった気がするのは私だけでしょうか?cbde85d5.jpeg

(まあ、それを言うなら“月”のほうが明らかにおかしいが・・・コレはまた別の機会に。。)


SOL.jpg
と、いうわけで(どういうわけで?(・_・ ;)今回は太陽特集をしてみたいと思います。

 


では、まず太陽の基礎知識から。

「ムー大陸の古代人は太陽が熱くない事をしっていた。」 (『ムー大陸のシンボル』ジェームズ・チャーチワード著、大陸書房)

「植物の意識に特殊な装置できいたところ、太陽は熱くなく、地球と同程度の星である」 (『植物は警告する』三上晃著、たま出版)

「太陽からの光や熱がそのままで地球に伝わってくるわけではない。太陽からの波動が地球の傍らに来て、地球の波動と干渉して熱に変わるのである」 (『サイ・ジャーナル228号』関英男著)

「太陽は表面温度25℃位の穏やかな星である」 (『来るべき宇宙文明の真相』深野一幸著、徳間書店刊)

「太陽が核融合反応を通して莫大なエネルギーを放出するという事を、およそ一世紀半も私達は信じてきた」 (ラルフ・E・ユルゲン)

「お日様赤いのではないぞ、赤いとばかり思っていたであろうがな、まともにお日様見よ、緑であるぞ」 (『日月神示』 風の巻 弟二帖)

 
sol19_m.jpg太陽が灼熱の星でなければ、一体太陽のギラギラはなんなのでしょうか?5a9288b5.jpeg

 

ラルフ・E・ユルゲン、ウォレス・ソーンヒル、ハンネス・アルフヴェンと言った学者達は、その正体を電気的プラズマと説明しています。


要は太陽はプラズマが自由自在に乱舞している星で、太陽風やフレアの正体もプラズマであると言います。


上記で関博士が説明するように、太陽プラズマが、地球から発信される宇宙エネルギーと干渉して20080116-mercury_image.jpg、初めて熱と可視光線が出来上がるしくみの様です。だから太陽系にある他の惑星にしてみたら、太陽は別に熱くないという事になります。


その証拠に1992年のレーダー観測によって、太陽に一番近い筈の水星の北極部分に氷が発見されています。



そんな気温25℃程度の暮らしやすい太陽ですが、さらに飛鳥昭雄氏はアメリカの極秘電波探査で確認された驚くべき情報を提供しています。

a28e6548.jpeg

それによると、太陽には巨大な陸地、コードネーム「ナタン」と多くの火山、

更に大洋、コードネーム「ダーマ」が存在するといいます。


・・・・・た、太陽に大洋!? (=ェ=`;)ナント海まで存在するとは・・・・。

 

と、ここまで条件が揃うと、次に気になるのは生命体の存在ですよね!

↓↓↓↓というわけで今回のBGMはコチラ!


lovelight1111.gif
 真偽の程はあなたに委ねますが、数多くの宇宙人関連図書を読み解いていくと、詳細は異なるものの、ある一定の天の川銀河系ヒューマノイド(人型生命体の総括)の歴史が導きだされます。
 

隣のアンドロメダ銀河の琴座が発祥のヒューマノイド達はシリウス、オリオン、プレアデスなどで様々な紆余曲折、分離、分化、統合を経てきたそうです。(それとは、別に全ては「地球」、或いは「月」がオリジナルとする説もあり)


04b116a8.jpeg彼らの一グループが、我々の太陽系に到達した際に、はじめに入植したのが、太陽であったともいいます。





白峰由鵬氏は著書「地球一切を救うヴィジョン」(2008年、徳間書店刊)の中で太陽から来た人々の事を以下の様に記しています。

「ロスチャイルドの通貨保証をやっているのが、サンヘドリンと言われている世界で13人しかいないグループなのです。

~略~サンヘドリンと言って、太陽から来た太陽族と言われる人達です。太陽族は13人います。この人達が宗門会をつくって、一部は途中で爬虫類人とかも入りましたけれども、ここが命令を出すわけです。

~略~地球は太陽系に属しているから、太陽系の運行を管理する代表のことをオリンポスの一族と言って、その代表がサンヘドリンだと。」

日月神示にも「悪の三大将」として「八又大蛇」「金毛九尾の悪狐」「邪鬼」とされていますし、渡辺大起氏の「宇宙からの黙示録」(1982年、徳間書店刊)にも悪側の代表として「ルシファー」と「オリオン」が解説されていますが、レプティリアンやアヌンナキはその勢力の一部分なのかもしれません。
 6550633.jpg
 

そこで、国旗に「日の丸」をあしらっている日本の「太陽信仰」ときいてすぐ浮かぶのは、おなじみ伊勢神宮をはじめとする天照大神ですが、日月神示に記されている以下の重要なメッセージを忘れてはいけません。


「悪の大将は光り輝いているのざぞ」 (日月神示 地つ巻 弟十七帖)

「次の岩戸閉めは天照大神の時ぞ、大神はまだ岩戸の中にましますのぞ、騙した岩戸からは騙した神がおでましぞと知らしてあろう。いよいよとなってマコトの天照大神、天照皇太神日の大神揃ふてお出まし近うなってきたぞ。」(日月神示 五十黙示録 弟十帖)

「天照皇太神宮様の岩戸開きは、騙した、間違いの岩戸開きざから開いた神々に大きなメグリあるのざぞ」(日月神示 磐戸の巻 第十五帖)

「岩戸へお入りになりたのを、だまして岩戸を開いたのでありたが、岩戸を開くのが嘘を申して、だまして無理に引っ張りだして、この世は勇みたらよいものと、それからは天のうずめの命どのの、嘘が手柄となりて、この世が嘘でつくねた世であるから、神にまことがない故に、人民悪くなるばかり」(大本神諭 明治38年旧4月26日)

 kjnjknjoik.jpg

そもそも、今まで盛んに祀られてきた天照大神が本物だったとしたら、世の中こんなに乱れていないと思います(笑)

ちなみに真のアマテラス2005年に復活(まだ復権には至らない)して、着々と復権の準備をすすめているとの説があります。



みなさんの中でも2005年以降にいきなり古神道に目覚めたり、伊勢に参拝したくなったりしだした人がいるんではないでしょうか?




ちなみに、神道系関連書物では、一説に現在の「天照大神=女神」のイメージは「オオヒルメムチ」という他の女神を時の権力者があてがえたものとも言われます。(ちなみに竹内文書的にも上古22代アマサカル日向津比売天皇を、天照皇大神として 女神 としています。さらにちなみにホツマツタエでは、アマサカル日向津比売は、男神アマテルの正妻 瀬織津姫 として登場します。)


 

17debc3c.jpegまた、上記の様に考えると伊勢に天照大神を祀るまで、倭姫らが一説には約90年もかけて築いた「フトマニ・クシロ」という結界の真意も気になります。これは29の点を結んで50(五十鈴)の三角を形成するものです。

ちなみに、ふと気づいたのですが、フトマニ(二十○二)を逆さににすると2012だなぁ・・・
←「神々の黙示録」(金井南龍著、1980年、徳間書店刊)より抜粋




結界といえば、チャネラー北川恵子氏による著書「アーリオーンメッセージ」(1996年、徳間書店刊)の中で紹介されている宇宙神霊からのメッセージによれば、太陽信仰の「日向族」と、当75914c68.jpeg初、それと戦い、後に同盟をむすんだ日差しを隠すような名の「出雲族」の因縁の歴史が古代日本にはあり、その同盟を裏切った一部の「日向族の呪師達」は出雲族の聖地や日本のエネルギースポットを封印してまわったといいます。

 

 「この神には鳥居と注連縄は要らんぞ」

「シメは神々様をしめこんで出さぬためのものと申してある事、これでわかるであろうがな。鳥居は釘付けの形であるぞ、キリストの十字架も同様ぞ」   
           (日月神示 第十三巻 雨の巻 第二帖より抜粋)



そうなるとやはり真のアマテラスには天を照らすだけではなく、国をも照らす必要もあるんでしょうか・・・。

 


さて、これまで一気に太陽に陸地があるとか、ヒューマノイドが棲んでいるとか、駆け足でお話してきましたが、今現在は物質社会で暮らす我々には、やはりその証拠がほしいもの。


飛鳥昭雄氏は例の組織から入手したとして、驚くべき証拠を提示します。


5f4228cb.jpegそれは、太陽の陸地より浮かんで移動する、空中ピラミッド(エノクの街!?)の写真です!(『超極秘ファイルASKA』(2006年、学習研究社刊)より抜粋)

 







あーー、てかカラーでみたいなコレ・・・・(-ι-;   )。






↓↓↓↓今回の記事の参考図書はコチラです!



━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━
◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:ATGC.Ikusa 
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
気づいてください!伝えてください!

 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
自己紹介が終わったところで
普通にコメントとかしますね(笑)

日本にこんなガキがいる事、分かって戴けたら、嬉しいッス☆

僕はまだ、ケータイのみで、ネットで行動開始出来たばかりですが、お互いに切磋琢磨してくれませんか?

とか言いつつ、情報交換とかしか出来ないかも(-_-)ハァ…ムリョクナリ



手始めに、僕が毎日読むサイトを、下記に紹介したいと思います。


・このブログ(*'-^)-☆
こう言うブログ書いてるんですから、もっとTVや新聞の三面記事見て下さいよ~(汗)
浅間山の事、後で書かれた理由は、正直少々がっかりさせられかねないですから(苦笑)


・ミスターフォトンの浮き世鍋
人生経験とても豊かな方のブログ。是非とも最初から読んでみて下さい


・王仁三郎.JP(オニド)


・不幸のブログ
自分の全く知らなかった、カルト宗教の被害者の方のブログ。愛国心ある方です。


・2012年の黙示録
・縄文人の館

どちらとも、縄文人さんのサイトで、特にSPACE LIARARYとBOOK STANDは、素晴らしい!その上、いくら本を買ったり持ち運んだりせずに済んだ事か(笑)



IKUSAさんの紹介で出逢えたサイトがあるような気がしますが、大目に見てやってくださいねV(^-^)V



長々と失礼しました。
飛天 2009/03/15(Sun)02:51:41 編集
ブログ内検索
最新コメント
[09/18 スジャータ]
[09/17 星咲マリア]
[08/31 人]
プロフィール
HN:
Ikusa
性別:
男性
自己紹介:




2012年から起こる驚愕の未来をあなたはご存知ですか?今すぐ、気づいて下さい。そして伝えて下さい。
バーコード
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]