忍者ブログ
気づいてください!伝えてください! HPに描ききれなかったアセンションに向けてのIkusaのブログ!
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

image-79a8b.jpg
前回のブログはやたら長かったので、今回はさらっと(。・ω・。)ノ


いよいよH22年9月18日、本日から公開になりましたね!



 

↓↓↓『海猿 THE LAST MESSAGE』
 

 

『海猿3 ラストメッセージ』今作品の舞台は、海上の天然ガスプラントの爆発で、まさに「pickup_02_03.jpg洗礼」。

 
そして崩れ行く天然ガスプラント施設の名前は『レガリア』。


180px-Russian_regalia.jpg『レガリア』とは『王権の証』となる物品のことで、王冠・王笏・宝珠などのことです。


日本で言うところの三種の神器も『レガリア』といえます。

 

今回映画ではこの『王権の証』が、荒れ狂う海爆発の炎によって崩れ去っていくわけです。    意味深いですね・・・・・


洗礼について、日月神示には以下のように記されています。
 

『子の歳真中にして前後十年が正念場、世の立替へは水と火ざぞ』日月神示 磐戸の巻 第十六帖


『火と水の災難がどんなに恐ろしいか、今度は大なり小なり知らさなならんことになりたぞ』日月神示 富士の巻 第三帖

 
『火と水と申してあろうがな。火続くぞ。雨続くぞ。火の災いあるぞ。水の災いあるぞ。火のおかげあるぞ、水の災い気をつけよ。火と水、入り乱れての災いあるぞ、近うなりたぞ。火と水の御恵みあるぞ。』日月神示 水の巻 第十三帖

 
『火の洗礼、水の洗礼、ぶったり、たたいたり、火カ、水ミの洗礼なくては銘刀は出来ん道理じゃ』日月神示 黄金の巻 第八十九帖


『水の蔭には火、火の蔭には水ぞ、このこと忘れるなよ』日月神示 海の巻 第二十三帖


『世の立て替えは水の守護、火の守護と知らしてあること忘れずに神示読めよ』日月神示 海の巻 第二十三帖


『火あって水動くぞ。水あって火燃ゆるぞ。火と水と申しておいたが、水のほかに隠れた火と水あるぞ。それを一二三というぞ。』日月神示 日月の巻 第三十二帖


『富士とは火の仕組みぞ、渦海とは水の仕組みぞ、今にわかりてくるのざぞ。』日月神示 天つ巻 第三十帖


『水は身を護る神ざぞ、火は魂護る神ざぞ、火と水とで組み組みて人ぞ、身は水で出来ているぞ、火の魂入れてあるのざぞ、国土も同様ぞ。渦海の御用大切ざぞ。』日月神示 日の出の巻 第二十二帖
 


月刊ムー(2010年10月号、学習研究社刊)の特集記事、2012年神の経綸「日月神示」の最終大予言文(豊嶋泰國 著)に以下のようにあります。

>>>>ここから
子の歳(ネズミ年)を中心に、その前後10年が正念場だというのは、2003年から2013年という事になる。また「立替え」のサインが、「」というのも注目だ。

PICT2267a.jpg

ちなみに2012年の干支はで、壬は十干の「水の兄(陽の水)」だ。雨水を自在に支配する霊獣なので、双方ともに関係している。さらに2013年の干支は癸巳で、癸は「水の弟(陰の水)」。水神の眷属とされるに通じるのだ。


しかも、2014年の十二支の午は陰陽五行的には「陽の火」に配当されている。このように2012年2014年にかけて、は極めて重要な役割を果たしているのである。  
   <<<<<ここまで

 



要は、上記の予測が正しいとすると、2003年~2013(2014)年ころまでは、「による世の立替へ」が激化することになります。

(ちなみに、2012年に地球が滅びるとか、いきなり体が半霊半物質化するっていっている訳ではないですよ!(ノε`●)



確かに、がらみの事件・事故ですが、今年2010年の上半期だけでも、ざっと思いつくだけで以下のようなものが挙げられます。2010081710344213.jpg
 

2010年2月3日   南硫黄島近海海底火山噴火。
2010年4月18日  アイスランド火山噴火
2010年5月29日  マリアナ諸島海底火山噴火
2010年7月15日  岐阜県可児市土石流水害
2010年7月25日  広島県庄原市川北地区 豪雨水害
2010年8月8日   中国甘粛省で起きた土石流 untitled.jpg
2010年8月      パキスタン大洪水
2010年8月      ロシア森林火災・泥炭火災
2010年8月29日   スマトラ島のシナブン火山が噴火
2010年4月~9月  メキシコ湾海底油田流出事故     
              など等・・・・
             
 
 

これはもはや、この地球の3次元世界が「洗礼」を受けていると捉えても、過言ではないような気がします。


John-Baptist.jpg

ところで、聖書(マタイによる福音書)だと人々に「悔い改め」を迫った水の洗礼者ヨハネは、イエスを「聖霊とであなたたちに洗礼をお授けになる」方であると紹介し、自分の胸中を明らかにします。
 
 
 

わたしは、悔い改めに導くために、あなたたちに水で洗礼を授けているが、わたしの後から来る方は、わたしよりも優れておられる。わたしは、その履物をお脱がせする値打ちもない。b-jesus.jpg
 

 

その方は、聖霊とであなたたちに洗礼をお授けになる。そして、手に箕を持って、脱穀場を隅々まできれいにし、麦を集めて倉に入れ、殻を消えることのない火で焼き払われる」マタイによる福音書第3章11~12節

 


前回のブログでも、洗礼者ヨハネについて色々考察しました。


彼がイエスに先駆けてあらわれるバプテスマ(洗礼者)であり、その働きは『』。
addf3ef7.jpeg
 

彼は、ガリラヤの人々に教えを説きながら、やがて来る』のバプテスマイエス・キリスト待ち望みます。

 CA89836N.jpg

では、今現在、水の洗礼者ヨハネ のエネルギーの現れは、

 四八音(ヨハネ)=AKB48 !?(;´Д`)y─┛~~



 『四八音(ヨハネ)世に出るぞ、五十音(イソネ)の六十音(ムソネ)と現れるぞ、用意なされよ。それまでにさっぱり変えてしまうぞ、天も変わるぞ地も変わるぞ。』 日月神示 雨の巻 第十五帖




洗礼者ヨハネ(AKB48)は、一刻もはやくイエス逢いたかったわけですね(/-\)



↓↓↓『逢いたかった~♪×3  イ○○!!』
 


 
 

洗礼の後に、今まで世界を支配してきた闇のレガリア崩壊していくのはもうすぐかもしれません・・・

 

 

↓↓↓AKB48 (四八音ヨハネ) は映画『TSUNAMI』の主題歌にも決まったそうです!まさに 水の洗礼!!
 

↓↓↓ 話題が何故か『最後の晩餐』に!?Σ(=∇=ノノ
 

 

 P.S 「AKB」の方の意味は、「秋葉原」なんで、「秋葉原→秋葉→秋葉神社(ご祭神は、火具土の神=火の神)」・・・・・ひょっとして、火の洗礼者も兼ねているかもしれませんね!

(なら SKE、MNB、SDNの意味は?
                ・・・・・・・・・全然わかりませんw |Д`)ノ⌒●~。)


AKBのプロデューサーも 海猿の原作者も知らないうちに神様のシナリオを演じさせられてるのかもしれませんね!  そしてあなたも・・・・・



 c8b2f0a8.jpeg

P.P.S(裏話)   私、Ikusaがこのブログをかいた翌日、都内某所に所用がありました。目的地について、ふとなにげなく上を見上げると・・・・看板に笑っちゃいました!(なんで、写真をパシャリ!!論より証拠♪⇒)




28324962.jpeg
←そして同日、ノルウェー帰りの人からお土産を頂きました! 袋をみてさらにニヤリっ(-∀-。





↓↓↓今回の記事はコチラを参考!






━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━
◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:ATGC.Ikusa 
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
気づいてください!伝えてください!














 

拍手

PR

今度は青海省か・・・大地震が連発してますね。ふぅ・・・。


さて、前回のブログは、我ながらかなり妄想MAXだったんで(笑)、今回は反省してc_BB.jpg引用多めにいきたいと思います。

 

題して Beauty!? or Beast!?
  
 \( ̄_\) (/_ ̄)/
 
人間合格!?人間失格!?


↓↓↓はじめはソフトにBGMです。でも「&」ではなく・・・
 




『不思議と神秘の使者 ソロン』(浅見宗平著、1992年、星雲社刊)より、宗教家の浅見宗平さんの体験談を以下に引用します。

ここから>>>>
e314b3f8.jpeg
「今から三十年以上も前のことでした 私は東京都江戸川区に住んでいましたが その頃でした 家にはエスと言うを飼っていました 


~中略~ 一日中鎖につながれて飽きてしまうのか 大きな声で唸ったり 吠えたりしますから 近所中から苦情が来ることになりました 


26f047dc.jpeg~中略~ エスのそばえ行って なでてやりましたが すぐにまた吠えはじめますので ヂーっとエスの顔を見つめてやりましたら エスの頭の上の方に 不思議な映像が見えて来ました 


エスは前世は人間であったのです 私は不思議な映像を見ながら 人間に話す様に エスに話しました “エス お前は人間であったのか また人間になりたいのか 人間になりたければ よくきいておくれ 


エス お前は人間であった時 親兄妹が一生懸命働いているのに 学校え行くと言っては年中フラフ39eeecbf.jpegラ遊び廻り 歩き廻り 学校を止めて仕事をする様になっても 競輪 競馬 競艇 麻雀 ゴルフ パチンコと 仕事をして休みを貰って行くなら まだしも 



仕事もしないで 遊びまわって 家族には心配のかけ放題で 家には殆ど帰らず 遊ぶお金が無くなると こっそりと家に帰って来て 泥棒の様に家の中え入り お金を持ち出して また遊びまわり 或る日遂に交通事故死んでしまったのが エス お前なんだ 


だから今生は そうやって鎖につながれて 留守番をしなければならないのだよ エス お前は哀れな奴だ 


今度の世に人間にして貰いたくば 今のことを良く悟っておくれ” と話してやりましたら inuknaku.jpgエスの目に涙がたまっていました 私のそばえ来て 一緒にきいていた弟子達が言いました“エスは泣いている”と・・・・


~中略~ 折角人間にして貰いましても 油断したり怠けたりいたしますと 人間から動物えと 進化ではなく退化する事もあります」

<<<<ここまで
  

 gyuunou.jpg

浅見さんは、上記の他の著書でも、前世で畑仕事を仮病を使って他人にまかせて、堕落しきった一生を送った人が、今度はその家の農耕牛として生まれ、仕事をせざるを得なくなった実例も記しています。
 

 

riku.jpg
仏教では全ての生き物は、生前のおこないによって死後、6つの世界に「六道」にうまれ変わるとされています。いわゆる「六道輪廻」というものですが、そのうちの一つに畜生道が存在します。




これは、人間以外の動物生まれ変わり、動物同士の弱肉強食jyaku.jpgの争いや、人間に家畜として酷使される一生を過ごすはめになるというものです




要するに、あまりに人の道を外した一生を送ると、その人生で積んだカルマを解消する最善の方法として、動物として生まれ変わってしまうわけです。

 
 

確かに現在では、上記が本当かどうかの証明として、何も動物のみではなく、鉱物や植物にさえも意識があるらしいことが、1966年にアメリカの「クリーブ・バクスター」という人が行ったuso.jpg実験で明らかになっています。
 
 

バクスター氏は研究室にあった「ドラセナ」という木に、「うそ発見器」をつけ、ライターで葉を焼いみようとしました。

books017016.jpg

その瞬間、驚いたことにうそ発見器が反応し、ポリグラフには、のこぎりの歯のようなギザギザの跡が描き出されました。

 

しかも、この変化が、感情的に興奮している人間の反応によく似ていました。そこで分かったことは、「植物は人間の心を感じ取って反応する意識がある」という事実です。Forest.jpg



このように考えると、自然に存在する万物すべてに意識(魂)宿っているというのが此の世の事実のようです。
 

「誰れ彼れの分け隔てないのざぞ。土から草木生まれるぞ、草木から動物、虫けら生まれるぞ。上下ひっくり返るのざぞ。」日月神示 富士の巻 第二十八帖

 

sinnak1.GIFそして鉱物→微生物→昆虫→植物→動物→人間というように、より複雑で高度な生命体に意識が生まれ変わっていくことは、魂の進化とも言うべき自然の摂理であるということが予想されます。

 wasi.jpg

 

例えばあなたが、のように大空飛びまわったり、イルカのように大海原泳ぎまわったり、のように草原駆け回ったりすることを、容易にイメージできるのは、あなたが魂の遠い過去の記iruka.jpgを、かすかに覚えているからかもしれません。

(ちなみに私は○○○の時は、まるで犬並みね!と云われた事がありますが何か?(-ω-))

 

 

このように考えると、現在の「アセンション論」に代表されるように、人間がより高度のbeauty4.jpg生命体(宇宙人!?神人!?)へと進化、或いは生まれ変わるということも、決してトンデモなことではなく、当たり前の自然の摂理といってもいいのかもしれませんね。まさにBeauty!?





しかし、決して忘れてはいけないのは、与えられた一生が、その生命体の基準値より、下回る一生を過ごしてしまった場合です。その結果として、来世ではより低レベルの生命2a6bd491.jpegに生まれ変わるいわゆる 魂の退化(ディセンション)も十分あり得るということです。まさにBeast!?

 


gyuu.jpg

カワイ子ちゃん(死語)のペットになるならまだしも(笑)、今世で過去に食べ過ぎた牛丼のおかげで、来世が食用牛としてベルトコンベアに吊るされていたとしたら・・・俺って一体・・・≡ Σ(ω |||) 

 


 

↓↓↓実は全然笑えなかったりして・・・( ̄Д ̄;)
 




そしてさらに身に迫る思いがするのは、これからです。

『不思議と神秘の使者 ソロンの預言書Ⅰ』(浅見宗平著、1994年、星雲社刊)より以下に抜粋します。

>>>>ここから

地球はまだ終わりになりませんし 此の世の終わりはありませんから安心して下さい 然し人の世の終わりはあります 


今がそのときですが ~中略~ 60億人が全部一度に終わりになるのではありません 人間の一人一人 貴方も 私も今の人生が最後であります 

sinpan.jpgこれから先は 再び人間として 生まれ変わるのか それとも動物にされてしまうのか 今がその時代であります 


~中略~ 最後の審判の時代は 西暦1960年から始まって 2080年までの 120年間でありますが その中間の2020年からは 世界の人間は減り始めて 動物は増え始めます 

~中略~ 人間が減り始めて 動物が増え始めるのでありますから 人間失格となった人間が 動物にうまれかわのであります  deka.jpg


~中略~ 此の反対の事がありました それは西暦1950年頃 これからは 世界中の動物が減り始めて 世界中の人間が増え始める と予言をしました ~中略~ 動物が人間に 生まれ変わったのであります ~中略~ 人間の中には 前生は動物であった者がいる と言う訳であります 



然し折角人間にして貰っても 世の為人の為に尽くしたり 施したりする事をしないで 自分勝手の事をして 他に嫌われたりしても 改める事をしなninngenn.jpgい者 



それから 信仰心の無い人間は 前生は動物であった人間が 殆んどであります 



それから元々人間の霊魂でありましても 人間らしき行いが無く 油断していれば 動物になってしまいます 最後の審判の時代の事を 悟って下さい 


~中略~ 現代 地球上の人間は 約60億人程いますが 本当に神様の恩を悟っている人間は ほんの僅かしかいません 


そのような訳でありますから 現代の人間は 殆んど 神様に見捨てられそうな人間や 最早や見捨てられて 最後の人生である者が 50億人beutyanndob.jpgいます 


神様はその様な人間を見て 哀れに思い 生まれ変わって動物になる前に 最後の人生与えてくれたのであります」

<<<<ここまで (注・中略があるので詳細が気になる方は、必ず原著を確認してください)




そして日月神示にも以下のようにあります。
 

「四ツん這いになりて着る物もなく、獣となりて這い廻る人と、空飛ぶような人と、二つにハッキリ分かりて来るぞ。獣は獣の性来いよいよ出すのぞ」日月神示 富士の巻 第十九帖


「審判の時来ているのにキづかぬか、その日その時裁かれているのざぞ、早う洗濯せよ、掃除せよ、岩戸いつでも開くのざぞ」日月神示 磐戸の巻 第四帖

「四ツん這いになりて這い廻らなならんことになるのざぞ、ノタウチまわらなならんのざぞ、土にもぐらなならんのざぞ、水くぐらなならんのざぞ」日月神示 富士の巻 第二十五帖

「この方の神示よくはらに入れて病追い出せよ、早うせねばフニャフニャ腰になりて四ツん這いになりて這い廻らなならんことになると申してあろうがな、カミの入れ物ワヤにしているぞ。」日月神示 地つ巻 第十六帖

「祀りて秋立ちたら、カミいよいよ烈しく、臣民の性来によって、臣民の中に神と獣とをハッキリ区別せねばならんことになりて来たぞ、神急けるぞ。」日月神示 下つ巻 二十三帖


「八分通りは落第ぢゃぞ、次の御用改めて致さすから今度は落第せんよう心得なされよ」日月神示 まつりの巻 第八帖


「残る者の身も一度はしぬことあるぞ、死んでからまた生き返るぞ、三分の一の臣民になるぞ。」日月神示 上つ巻 第三十八帖

「獣と臣民とハッキリ分かりたら、それぞれの本性だすのぞ、今度は万劫末代のことぞ、気の毒出来るから洗濯大切と申してあるのぞ。」日月神示 富士の巻 第四帖


「さあ今のうちに神徳積んでおかんと、八分通りは獣の人民となるのざから、二股膏薬ではキリキリ舞いするぞ」日月神示 夜明けの巻 第十二帖

the-beast.jpg

ちなみに、神様の最後の審判の結果、残念ながらBeast!?にカテゴライズされた人、ディセンションする人の行く末は、日月神示的には他にもこんな感じです。
 

 

「カミなぞどうでもよいから、早く楽にしてくれと言う人沢山あるが、こんな人は、今度はみな灰にして、無くしてしまうから、その覚悟でおれよ。」日月神示 上つ巻 第二十三帖


「今度の行は世界の臣民みな二度とない行であるから厳しいのぞ。この行出来る人と、よう我慢出来ない人とあるぞ、この行出来ねば灰にするよりほかないのぞ」日月神示 富士の巻 第五帖


「四ツん這いになっても助からぬことになるのぞ、穴掘って逃げても、土もぐっていても、灰になる身魂は灰ぞ」日月神示 富士の巻 第六帖

「毒にも薬にもならん人民草木に変えてしまうぞ。」日月神示 雨の巻 第十四帖




ディセンションをまとめると、灰にされるか、動物植物昆虫鉱物にされるか、これ以外にもUFOラプチャー!?などによる他惑星での輪廻転生やり直し!?といったところでしょうか・・・・

28.5.jpg




あ~~これならやっぱり目指すBeauty!! 
アセンション!!
がいいな~ε≡Ξ⊂ ´⌒つ´∀`)つ

 



 d1fd7db1.jpg

P.S ちなみに映画 『人間失格』の主演男優はイケメン生田斗真ですね! 



sirokaki00.jpg
  『人間失格』 で 
       生く 田 と 馬 ね・・・_| ̄|○




↓↓↓今回の参考図書はコチラ!!


次回は、ペルシャ!? こうご期待!

━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━
◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:ATGC.Ikusa 
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
気づいてください!伝えてください!


 

拍手

ijiopjpo.jpg先日「ヤタガラスを動かせ」とのメッセージを受けた人の話を聞きました。

SANY0653.jpg

旧正月である2009年1月26日、早朝、京都糺の森にある賀茂御祖神社通称「下鴨神社」においてとある神事がおこなわれたようです。(詳細は不明ですが・・・)

84d09b7a.jpegところで「ヤタガラス」ときくと、熊野三山を思い浮かべるかもしれませんが、人間界でいう所の「ヤタガラス」とは、裏神道秘密組織「八咫烏」のことを指します。


「八咫烏」とは生まれもって戸籍に入る事を免除され、法律上は存在していない事になり日本国民でもありません。一生を国体と神道の護持に捧げていき、もし死んでも騒がれる事もないそうです。kjkj.jpg

決して歴史の表舞台に登場することはないが、日本の歴史が大きく動くとき、影には闇夜の烏のごとき暗躍するそうです。

ちなみに過去に「虚無僧」とよばれた者は彼らの下部情報収集用のスパイであり、常に日本国の動きを把握し、操作していた様です。

 

数少ない民間人として、彼らとパイプを持つ飛鳥昭雄氏によると、「八咫烏」の人数は、数十人。
中枢をになっているのは「十二烏」とよばれる12人であり、更にその上に「大烏」と呼ばれる人がいます。

大烏は、3人存在し3人で「金鵄」と呼ばれ、「裏天皇」としての役割を担うといいます。

rebibi.jpg彼らは全員が「漢波羅」とよばれる迦波羅(カバラ)の達人で、陰陽師でもあります。


その正体はイスラエル12氏族の内、祭祀をつかさどっていたレビ族の末裔で、「賀茂氏」と呼ばれる「秦氏」の一派だといいます。

abee.jpg
あの気鋭の陰陽師、安倍清明やそのライバルの蘆屋道満はもちろん、そもそも陰陽道の開祖である役小角も「賀茂役君小角」と呼ばれる「賀茂氏」の一であったそうです。
 

神道の祭祀氏族には中臣氏や卜部氏、猿女君氏、忌部氏などが存在しますが、天皇の即位式である大嘗祭のように、直接天皇祭祀に関わるトップ「賀茂氏」というわけです。
 

そしてその「賀茂氏」=「八咫烏」裏神道の本拠地が、京都にある「下上賀茂神社」だそうです。事実、賀茂別雷神社、通称「上賀茂神社」は全国約11万社の神社の総元締めでもあります。


実はこの「下上賀茂神社」はあの「伊勢神宮」と表裏一体の動きをなし、雛形でもあるといいます。要は、「伊勢神宮」に「動き」があるときは、それに先じて、「下上賀茂神社」に「動き」があるわけです。


SANY0835.jpg「上賀茂神社(賀茂別雷神社)」isenaiguuuu.jpg
「伊勢内宮」




SANY0650.jpg「下鴨神社(賀茂御祖神社)」geguuu.jpg
「伊勢外宮」

 







↓↓↓↓ここからはコチラを聴きながらお楽しみください
 

 

では、その「動き」とは一体何か?


それは、「伊勢神宮」の封印が解かれることを意味します。

 


では、その「伊勢神宮の封印」とは何か? 
 

現在、伊勢神宮には、「内宮」と「外宮」、および数々の「別宮」があります。しかしその中心はやはり「内宮」と「外宮」の二正殿


しかし、「八咫烏」はこの構造において伊勢神宮における封印されしもう一つの「正殿」が存在する事を明らかにします。

 

izawa.jpg其の名は「伊雑宮」


先にも紹介した「旧事本紀」が神庫から発見されたあのお宮です。
(何故「伊雑宮」が第三の本宮かという理由は、「八咫烏」自身が時が来たことを悟り、飛鳥氏の著書の中で明らかにされています。)


この「伊雑宮」の封印が解かれる時、すなわち、現在の「伊雑宮」の格式が正式に内・外宮と並び、そこに納まるべぎ「三種の神器がそろう時、伊勢三宮として「伊勢神宮が復活する」というのです。

 

では真の伊勢神宮が甦ったとき、一体何が起こるのか?



「八咫烏」の大烏は、飛鳥昭雄氏との対談の最後に、驚愕の言葉を口にします。

55.9.jpg
「伊勢神宮が甦った後、地上に天照大神が降臨する

その時、誰もが天照大神の御姿をその目でみることになる。そして伊勢神宮の使命もまた、それをもって終焉となる。」
 


まさに、「八咫烏」の預言ともいうべき驚愕のセリフです。

 

 

では、我々は前もって伊勢神宮の復活を知る事が出来ないのか?

・・・・・出来ます!

 

先ほどの上下賀茂神社が伊勢神宮の雛形であることを思いだしてください。
伊勢神宮が三宮であるならば、封印されし「伊雑宮」の雛形何処なのか?

SANY0663.jpg

それは「下鴨神社」の摂社とされ、同敷地内にある「河合神社」です。

「河合神社」「伊勢伊雑宮」

 

伊勢神宮の次回の式年遷宮(建て直し)は、なんと奇遇にもあの2012年の翌年

それまでに京都の「河合神社」に動きがある場合、式年遷宮時に伊勢神宮の封印が解かれ「内宮」「外宮」「伊雑宮」の三宮が並び建つ可能性があります。


55.8.jpgそして、それは同時に「天照大神」の人間界への降臨を意味します。
(とすると、きっとあの山も動くんでしょうね)

 


さあ、2012年から一体何が起こるのでしょう・・・・・?
 

「岩戸へお入りになりたのを、だまして岩戸を開いたのでありたが、岩戸を開くのが嘘を申して、だまして無理に引っ張りだして、この世は勇みたらよいものと、それからは天のうずめの命どのの、嘘が手柄となりて、この世が嘘でつくねた世であるから、神にまことがない故に、人民悪くなるばかり」(大本神諭 明治38年旧4月26日)

「天照皇太神宮様の岩戸開きは、騙した、間違いの岩戸開きざから開いた神々に大きなメグリあるのざぞ」(日月神示 磐戸の巻 第十五帖) 

「次の岩戸閉めは天照大神の時ぞ、大神はまだ岩戸の中にましますのぞ、騙した岩戸からは騙した神がおでましぞと知らしてあろう。いよいよとなってマコトの天照大神、天照皇太神日の大神揃ふてお出まし近うなってきたぞ。」(日月神示 五十黙示録 弟十帖)



SANY0661.jpg現在、「河合神社」境内には「八咫烏」を祀った宮がひっそりとたたずみ、その未来を見つめています。

 

 

 

P.S  「伊勢神宮」の動きの後、その影響が全国約11万社の神社に現れるかもしれません。ここに、太古に日本の国に仕組まれた壮大な仕掛けがあり、「日月神示」の示すところの「神一厘の仕組み」があるように私は感じます。

P.P.S 「伊雑宮と浅間山の封印」や「偽天照と物部氏」については、また機会があったら記したいと思います。

 

↓↓↓↓裏神道の現実を垣間見る事ができます!

 

━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━
◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:ATGC.Ikusa 
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
気づいてください!伝えてください!

 

拍手

ブログ内検索
最新コメント
[09/18 スジャータ]
[09/17 星咲マリア]
[08/31 人]
プロフィール
HN:
Ikusa
性別:
男性
自己紹介:




2012年から起こる驚愕の未来をあなたはご存知ですか?今すぐ、気づいて下さい。そして伝えて下さい。
バーコード
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]