忍者ブログ
気づいてください!伝えてください! HPに描ききれなかったアセンションに向けてのIkusaのブログ!
[45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [37]  [36]  [35]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


e989b9cb.jpegちょっと前のお話ですが、中国の広西チワン族自治区で約400年前の明代(1368~1644年)頃に作られたとみられる墓を発掘していたところ、「スイス製」と刻まれた腕時計の模造品のオーパーツが見つかったそうです。
 

中国人のコピー商品作りは400年前から始まっていたのか(笑)!んなアホな?Σ(´д`ノ)ノ 
 

.....くだらない冗談はさておき、今回のブログであなたの固定概念がまた一つ崩れるかもしれません

 hypno.png

今回のテーマは「時間」です。

(ついでに「人間の想念」と「洗脳」についてもお話します。)



「時間」とは~ 「過去→現在→未来」

これが誰にでも認識できる一番単純なもでしょう。


ところで英語圏では、文法ひとつとっても現在完了形や過去完了形といったあまり日本人の概念では捕らえにくいものも当たり前のように使われています。

またホセ・アグエイアス氏が解説するようなマヤ文明の暦は、現在のグレゴリオ暦とは異なり、本来の自然のリズムであるといいます。



以前、私Ikusaは「年をとらない秘訣」というものを教えてもらった事があります。

それは例えば「もう40才になっちゃった~」と考えるのではなく、「私が生まれてから太陽の周り地球が40回3577762212.jpg周っただけ!」と考えることだそうです。


確かにその通りかもしれません。だから自分がどの惑星に暮らすかで、公転周期は著しく異なり、時間の経過も概念も全く変化するわけでしょう。

(よく宇宙人が長寿とされるのも、単にテロメアなどの寿命遺伝子だけの影響ではなさそうです。)

 

このように国や時代、惑星によって異なる「時間」と呼ばれるものは、案外不安定なものかもしれません。




ところで最近「時間」の概念でよく取り上げられる「タイムフラクタル理論」というものがあります。

l_b43c384aca2d3c223b40936ac3b1e1af.jpg時間は過去から未来に続く“直線の矢”のようなものではなく、“周期的に螺旋を描いて、ある1点に集束する”ようにすすむというものです。(そもそもフラクタルとは相似形の意ですが・・・解りやすい表現を記しました。)

故テレンス・マッケナ氏が提唱し、現在エハン・デラヴィ氏などが頻繁に紹介しています。
 

また1点に集束した時間がまた徐々に螺旋を拡げて行くようなモデルを陰陽自然学の飯田亨氏やプレアデスのチャネラーのリサ・ロイヤル氏が著書の中で紹介しています。
 

ちょっと前に読んだ本で著者と題名は残念ながら忘れてしまいましたが、この「タイムフラクタル理論」をわかり易く説明しているものがありました。

大体以下のような内容です。eda33c11.jpeg


易く説明できる例をあげると、「手紙」。

遠くにいる人との連絡手段は、昔は郵便が常識。
               ↓↓↓↓↓↓

しかし、電話の技術が発達し、手紙は盆暮正月などの挨拶程度に利用が縮小。
               ↓↓↓↓↓↓

モバイル製品が普及し始めると、今度は電話と手紙の中間的な「ポケットベル」が普及。(復活)
               ↓↓↓↓↓↓

それもやがてPHSや携帯電話の普及で廃れます。
               ↓↓↓↓↓↓

しかし、インターネットが発達し「E-Mail」が普及します。(復活)
 

このように、時代がすすむにつれ、同じ内容のものが、違う形で再びリバイバルされることがわかります。

要するに時間の螺旋上のある1点に着目すると、次の1段上の周期において、着目していた事象が改良されて再び世に現れるわけです。

“ファッション”なんてのはもっと解りやすい例かもしれません。

e57ff08c.jpeg
私自身も日本の歴史を復習している中で、上記のタイムフラクタル理論を発見しました。

 
それは「紙幣」にまつわる事です。


 

現在のような日本の貨幣制度に「紙幣」が積極的に使用されるようになったのは、明治維新後

それ以前では、時代劇などで商人が偽物と区別するために小判をかじっているシーンが思い出されます。78c47761.jpeg
(ちなみに明治維新後の初の紙幣の作成に関しては、メーソンメンバーのグラバーが影で暗躍していた話は有名です。)
 

明治維新の少し前には何が起きたかというと・・・開国をせまった二度にわたるペリーの黒船来航です。

 

しかし、あまり知られていませんが、「日本の紙幣の発行」は意外にも室町時代の初めに行われました。

godaigo.jpg行ったのは「建武の新政」で有名な後醍醐天皇です。(しかし、この紙幣制度はすぐに廃れました)

 


 

では、その少し前に起こった出来事は・・・・鎌倉幕府が滅びる引き金となった二度にわたる蒙古の襲来、「元寇」です。ae41492a.jpeg

 




要は日本の歴史には“二度に渡る外国勢力からの圧力”→“当時の権力の崩壊”→“紙幣の発行”→“紙幣の廃止”いう流れが繰り替えされているわけですね。

 

では室町時代、次に発生した出来事は?

そうです“南北朝の分裂”。   天皇が同時に二人即位していた奇妙な時代です。
 

これを現在にあてはめると・・・・・・・・意味深ですね。(東武皇帝のことかな!? それとも・・・)


 

さあ、ここからまた、ガラッと話がかわってきます!


私には、全然理解できなかった「時間の概念」というものがもう一つ存在しました。

それは、モンロー研など“体外離脱”で有名なブルース・モーエン氏や坂本政道氏らがよく提唱している時間に対する考え方です。

「時間」というものは“もともと未来も過去もない。ただ【今】だけが存在する”というものです。


これはよく「想像の世界」に例えられて説明できます。我々が想像や妄想するとき、そこには時間という概念は全くありません。未来を想像することも出来るし、過去を思い出すことも自由自在です。

 


しかし・・・・正直に言って、私にはこれは意味不明でした・・・(笑)

人間の想像が現実の時間にどう影響するわけ????

 


しかし、これを一発で納得させる極秘の軍事プロジェクトがまたしてもアメリカで行われていた事実を知りました。それも危険度超トップクラスの!


その名を「モントークプロジェクト」といいます。


宇宙人からのテクノロジーを元に、現在は閉鎖されているアメリカ、ロングアイランドの元空軍モントーク基地でおこなわれていた実験です。
 

人々は、この実験で人間の「時間の新たな概念」「人間の想像力の凄さ」を知ることになります。


モントークプロジェクトとは、当初一種の「マインドコントロール兵器」の開発のプロジェクトでした。
 

全米各地から超能力少年(モントークBoy)を軍事基地に集め、宇宙人から教わったテクノロジーとテスラコイルを応用した通称「モントークチェア」を開発、そこに座らせ種々のイメージを連想させます。
 

例えば、自軍の戦車などの兵器が溶けていくようなビジョンや、戦意を失って逃亡するようなビジョンをイメージさせます。

それを「モントークチェア」と連動した巨大なパラボナアンテナより、莫大なエネルギーを使って特殊な電磁波として敵に送信します。
 

電磁波をおくられた相手側は、コントロールできないような恐怖感に襲われ、ビジョン通りの行動をとってしまう・・・・。


これは何も戦争兵器としての利用だけではなく、支配体制が自分達の都合のいい国民を作りだすのに、一役かうわけです。要は、集団洗脳兵器というわけです。

↓↓↓↓恐るべきマインドコントロール、モントークプロジェクト

(ちなみに上の動画で元モントークBoyのダンカン・キャメロンのインタビューがあるが実験の詳細を思い出そうとして発作を起こすシーンがあります。07:00位のところだが洗脳の恐ろしさを垣間みられます。)
 


確かに、過去の多くの陰謀が明らかになる前には、社会全体が一種の集団洗脳状態になっていたような気がします。疑問を疑問と思わないような人々を作り出すのに、現在もひそかに暗躍しているのかもしれません。

 

しかし私が「モントークプロジェクト」を恐ろしいというのは洗脳兵器としての事を言っているわけではありません。

一体何をそんなに驚いたのか? 


それは、この「モントークプロジェクト」が“時空を越えていた”という事実です。

 

私のHPでも書きましたが、何も未来人ジョン・タイターの言う「タイムマシン」の完成を待つまでもなく、1983年、すでにアメリカにおいて「タイムマシン」は完成していたのです。

 

15_03.jpgそれも、時空を捻じ曲げる「タイムトンネル」を作り出したのは、なんと人間の“想念”!!
 

まさに二重の驚きです!

 

そしてこのプロジェクトは、更にぶったまげる方向へと進みます。

何回かの「タイムトンネル&タイムトラベル」を繰り返した後、なんと装置が暴走してしまい、開いた40年前とのタイムトンネルが開きっぱなしになってしまうです!

まさに地球の危機、いや宇宙の危機!?(大げさか・・・)

 15_07.jpg

しかも、その時空から飛び出てきたのはナントあの・・!!

あれは、只のテレポート実験ではなかったんですね(驚)


↓↓↓↓後は動画の続きをご覧になってください!
 

  今回ブログの出だしのスウォッチのオーパーツや、エジプトの有名な軍事兵m_6b4eb2aa8b86cd2e5d9a1feb0d845086.jpg器のヒエログリフも、アメリカの一小隊が軍事武装して過去に送りこまれた結果なのかもしれません。

 

 

昔、「戦国自衛隊」という映画が流行ましたが、まさか、実際に起っていたとは・・・・(汗)

 

 P.S  私のHPでも紹介したように、未来の自分と面会したホーカン・ノーキヴィストという人がいます。


こういうタイムトラベルなら大歓迎ですね!「時間」というのも実はあやふやなものなんですね!

↓↓↓↓未来の自分と面会した男





P.P.S (追記) 2009年末のノルウェーの渦巻き怪光もタイムトンネルだったりして!?


izumi.jpg



(←日本の泉崎4号横穴装飾古墳の一図を教えて頂きました!!う~ん似ている・・・)



↓↓↓↓↓「時間」について再考してみませんか?



━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━
◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:ATGC.Ikusa 
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
気づいてください!伝えてください!

 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
最新コメント
[09/18 スジャータ]
[09/17 星咲マリア]
[08/31 人]
プロフィール
HN:
Ikusa
性別:
男性
自己紹介:




2012年から起こる驚愕の未来をあなたはご存知ですか?今すぐ、気づいて下さい。そして伝えて下さい。
バーコード
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]