忍者ブログ
気づいてください!伝えてください! HPに描ききれなかったアセンションに向けてのIkusaのブログ!
[7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

        (日本航空123便 墜落事件①からの続きです。)

今からお伝えするのは、後に「JAL123便 米軍幻の救出劇」と呼ばれるものです。


C130.jpgPM18:56のJAL123便の墜落直後、米軍C-130輸送機が横田基地に帰投中に墜落現場付近を飛行していました。

同機のマイケル・アントヌッチ航法士は、横田基地からJAL123便の探索命令を受けたので、一帯を捜索した結果、PM19:19頃にJAL123便の墜落現場を確認しています。

「あたりはちょうど夕暮れだったが、地面はまだ見える明るさだった。山の斜面は大規模な森林火災となり、黒煙が上がり、空を覆っていた。」


同機は墜落現場の上空を旋回飛行し、急いで位置を測定、横田基地に知らせています。

続いてPM20:30、現場から60キロ離れた米陸軍座間基地から米軍ヘリUH-1を現場に無線誘導しています。4_uh-1.jpg

飛来した米軍ヘリは、PM21:05、乗員2人を生存者救出の為、現場から15mの付近までロープで降下させました。

 

その時です。当初の指令とはうって変わって横田基地からいきなり「直ちに基地に帰還せよ」という命令が入ったのです。
 

もちろん、意味の理解できない米軍ヘリは「救助続行を希望」。
 

これに対して横田基地の司令官は「日本側の救助隊が向かっている。繰り返す直ちに基地に帰還せよ」と命じたのです。


基地からのいきなりの帰還命令に当初困惑したクルー達でしたが、PM9:20最初の日本の救難機が到着、現場を旋回しているのを確認後、安心して米軍ヘリとC-130輸送機は各基地に帰還しました。

 
しかし、翌日のニュースをみてマイケル・アントヌッチ氏らC-130輸送機のクルー達は愕然とします。なんと一晩たったにも関わらず墜落現場での救助活動は愚か、墜落現場も特定できていないと報じているのです。

 
さらに不可解だったのは昨日横田基地で待っていたのは、第316戦術航空団のジョエル・シルズ大佐の言動。

シルズ大佐はC-130輸送機のクルー達が現場から戻ると、「ご苦労。しかし、このことは一切マスコミには話してはいけない」といい、その上、丁寧なことにクルー達を現場から引き離ように、翌日からの沖縄出張という異例の処置を命じました。


マイケル・アントヌッチ氏は、一連の事件を後に以下のように振り返っています。

3_98458.jpg「何故、事件のことについて話してはいけなかったのか?

あの飛行機事故のことは、10年経った今も脳裏に焼き付いて離れない。
JAL123便が管制塔【緊急】を告げたときたまたま近くを飛んでいた。現場はすぐに確認できた。墜落の2時間後には、米軍の救助ヘリが現場に着いた。

あの時、ストップがかからなければ、もっとたくさんの人が助かっていたに違いない。

日本の救援隊が現場に着いたのはその14時間も経ってからというではないか。」 
             
                                            『週刊文春』1995年9月28日号より。

 

JAL123便の航空機事故が疑惑に包まれているのは、前述の理由だけでも十分ですが、他にもおかしな点がゴロゴロしています。次に物的証拠の不可解な点を示します。


運輸省航空事故調査委員会はJAL123便の墜落事故原因を以下のように報告しました。

fujigfhkj.jpg
1978年6月2日に伊丹空港で同機がしりもち事故を起こしていた。
その後のボーイング社による修理が不適切であったため、飛行の度に客室へ与圧を繰り返す内に圧力隔壁に金属疲労が蓄積した。

金属疲労により機体後部の圧力隔壁の破壊による機内与圧空気の急激な噴流により、垂直尾翼を噴き飛ばし、JAL123便は操縦不能となり、御巣鷹山に墜落したものである。

(ボーイング社は当初、この修理ミスを否認。しかしある時期を境に一転して修理ミスを自ら主張することになります。)

 

kihihl.jpg上記の「圧力隔壁」とは上空での航空機内部の気圧を一定に保っておくための尾部に設置される鉄の壁のことです。

例えばポテトチップスなどの袋を持って富士山などを登ると、袋内外の気圧の差によって、袋はパンパンに膨らみます。

このとき【内→外】に向かって力が働いています。

「圧力隔壁」はこの内からの力に対抗するための壁で、先程のポテトチップの袋の役割を果たすものです。


実は「圧力隔壁」が金属疲労によって内圧に耐え切れず空中破壊した航空機事故は前例がありました。
1979年9月カナダ航空のDC9型機の事故です。↓↓↓↓
http://jp.youtube.com/watch?v=zO8y3KwrMRM


動画でもわかるように、カナダ航空の事故では、内圧に耐え切れず「圧力隔壁」に大人2人分の穴が開きました。

この時「急減圧」と呼ばれる急激な内圧の解放【内→外】の力が一気にかかり、給仕するワゴンはあっというhgjjkh.jpg間に機外へ吸い出されるように吹き飛びました。

スチュワーデスも吹き飛ばされそうになりました。乗客も阿鼻叫喚の大パニックです。
しかし、同機は奇跡的に無事に帰還し、死傷者は一人もでませんでした。ちなみに、このカナダ航空の事件では垂直尾翼には何の問題もありませんでした。


今回のJAL123便の事故では圧力隔壁の破壊に伴い、巨大な垂直尾翼までもがその影響で吹き飛んだと発表されています。

ijijijool.jpg垂直尾翼が吹き飛ぶには、圧力隔壁に大きな穴が開き、急激な内圧の解放【内→外】の力が一気にかからないと起こりません。

それならば、今回の123便がカナダ航空の事故より圧倒的な急減圧が起こっている筈です。


もちろん圧倒的な急減圧が起これば機内の荷物や乗員は一瞬にして外に吸い出されるように吹き飛び大パニn-zanzon.jpgックになる筈です。

しかし、そのようなパニックは先ほどの生存者である吉田さんの証言やコクピットボイスレコーダーからはまるで確認できません

 

急減圧はなかった事をボイスレコーダーから分析しています↓↓↓↓
 99e419c7.jpeg
 

では、一体どうやってJAL123便の高さ9メートル3階建てのビルにも相当するも垂直尾翼の3分の2もの鉄の塊が吹き飛んだのでしょうか?
 

吹き飛んだ垂直尾翼は、当時相模湾・伊豆沖で試運航中で艦対空追尾型巡hghjjhk.jpg航ミサイル演習訓練をしていた自衛隊の護衛艦「まつゆき」によって、翌日の1985年8月13日午後、偶然発見回収したと発表しました。


・・・・・ミサイル訓練!?   垂直尾翼を偶然発見、回収!?



段々話が怪しくなっていきます。いよいよJAL123便の秘められた裏側に迫っていきます。
                       
                                           日本航空123便 墜落事件③に続く・・・・


↓↓↓↓上記の日航123便墜落事故のブログ記事や写真は以下を参考に記しています。



━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━
◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:ATGC.Ikusa 
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
気づいてください!伝えてください!

 

拍手

PR

2c9135c2.jpeg1985年8月12日、羽田発大坂行き 日本航空JAL123便は、524人を乗せて離陸。

そのすぐ44分後の午後6時56分、群馬県、御巣鷹山に墜落

乗客のうち生存者は全員女性の重症4名。翌日8月13日に救出されたものの、525人は還らぬ人となりました。

単独としては世界最大の航空機“墜落事故”といわれています。sinnbunn.jpg

 

しかし、信じたくはないがこの“墜落事故”の真相が巨大な陰謀に包まれているとしたら・・・。

 

まずは以下の動画をご覧ください。

↓↓↓JAL123便墜落事故概要
 


↓↓↓JAL123便 ボイスレコーダー(短く編集されています)
 

↓↓↓墜落事故翌日4人の生存者
 

奇跡的に・・・いや奇跡によって一命を取り留めた乗客4名の内、現役のスチュワーデスで、
当日は非番で同機に乗り合わせていた落合由美さんの証言の内、重要と思われる部分を転載します。

jhijjp.jpg~略~そろそろ水平飛行に移るかなというとき、「パ-ン」という、かなり大きい音がしました。テレビ・ドラマなどでピストルを撃ったときに響くような音です。「バーン」ではなくて、高めの「パーン」です。急減圧がなくても,耳を押さえたくなるような、すごく響く音。前ぶれのような異常は、まったく何も感じませんでした。

音は、私のちょっとうしろの天井のあたりからしたように感じましたが、そこだけでなく全体的に広がったように思います。私は思わず天井を見上げました。しかし、振動はまったく感じませんでした。機体も揺れなかった。


ijijopkjpo.jpg~略~このときも、荷物などが飛ぶということもなく、機体の揺れはほとんど感じませんでした。しかし、何が起きたのだろうと、私は酸素マスクをしながら、きょろきょろあたりを見まわしていました。
あとになって、8月14日に公表されたいわゆる『落合証言』では、客室乗務員席下のベントホール(気圧調節孔)が開いた、とありますが、私の座席からはベントホールは見えない位置にあります。ですから、開いたのかどうか、私は確認できませんでした。


~略~機内の様子は、あわただしい雰囲気とかパニックなどということではなく、この段階では、まだ何とかなるんじゃないか、という気持ちがあったように思います。ただ、コックピットからの連絡は何もなくて、みんな不安な表情ではあったのです。このときも、荷物などが飛ぶということもなく、機体の揺れはほとんど感じませんでした。


~略~このころになると、機体の揺れは、じっと立っていられないほどでした。激しい揺れ、というのではなくて、前と同じように、左右に傾く揺れなのですが、その角度が大きくなって、座席につかまって二、三歩、歩いて、お客様の座席の下のベストをひっぱって、ちょっと座って、また二、三歩という感じでした。まっすぐ歩いて、あたりを見てまわる、ということはもうできません。


~略~揺れはいっそう大きくなりました。もう立っていることはできないほどです。救命胴衣をつけ終わってすぐに、ほとんどいっせいに安全姿勢をとりました。

~略~安全姿勢をとった座席のなかで、体が大きく揺さぶられるのを感じました。船の揺れなどというものではありません。ものすごい揺れです。しかし、上下の振動はありませんでした。前の席のほうで、いくつくらいかはっきりしませんが女の子が「キャーッ」と叫ぶのが聞こえました。聞こえたのは、それだけです。

そして、すぐに急降下がはじまったのです。まったくの急降下です。まっさかさまです。髪の毛が逆立つくらいの感じです。頭の両わきの髪がうしろにひっぱられるような感じ。ほんとうはそんなふうにはなっていないのでしょうが、そうなっていると感じるほどでした。

怖いです。怖かったです。思いださせないでください、もう。思いだしたくない恐怖です。お客様はもう声もでなかった。私も、これはもう死ぬ、と思った。まっすぐ落ちていきました。振動はありません。窓なんか、とても見る余裕はありません。いつぶつかるかわからない。安全姿勢をとりつつ”けるしかけるしかない。汗をかいたかどうかも思いだせません。

3713ff7a.jpeg~略~衝撃は一度感じただけです。いっぺんにいろんなことが起きた、という印象しか残っていません。回転したという感じはありません。投げだされたような感じです。衝撃のあとも安全姿勢をとっていなければいけないのですが、私はもう怖くて、顔をあげた。その途端、顔にいろんなものがぶつかってきました。固いもの、砂のようなものがいっぺんに、です。音は、まったく記憶にありません。音も衝撃も何もかもが一度に起きたのです。

衝撃が終わったあとは、わーっと埃が舞っているようでした。目の前は、もやーっとしているだけです。墜落だ、と思いました。大変な事故を起こしたんだな、と思ったのは、このときでした。


~略~墜落の直後に、「はあはあ」という荒い息遣いが聞こえました。ひとりではなく、何人もの息遣いです。
そこらじゅうから聞こえてきました。まわりの全体からです。

「おかあさーん」と呼ぶ男の子の声もしました。
lijhihjlj.jpg
次に気がついたときは、あたりはもう暗くなっていました。どのくらい時間がたったのか、わかりません。


~略~どこからか、若い女の人の声で、「早くきて」と言っているのがはっきり聞こえました。あたりには荒い息遣いで「はあはあ」といっているのがわかりました。まだ何人もの息遣いです。

それからまた、どれほどの時間が過ぎたのかわかりません。意識がときどき薄れたようになるのです。
寒くはありません。体はむしろ熱く感じていました。私はときどき頭の上の隙間から右手を伸ばして、冷たい空気にあたりました。

突然、男の子の声がしました。「ようし、ぼくはがんばるぞ」と、男の子は言いました。学校へあがったかどうかの男の子の声で、それははっきり聞こえました。さかし、さっき「おかあさーん」と言った男の子と同じ少年なのかどうか、判断はつきません。

私はただぐったりしたまま、荒い息遣いや、どこからともなく聞こえてくる声を聞いているしかできませんでした。

3_98458.jpg~略~やがて真暗ななかに、ヘリコプターの音が聞こえました。あかりは見えないのですが、音ははっきり聞こえていました。それもすぐ近くです。これで、助かる、と私は夢中で右手を伸ばし、振りました。けれど、ヘリコプターはだんだん遠くへ行ってしまうんです。帰っちゃいやって、一生懸命振りました。「助けて」「だれか来て」と、声も出したと思います。ああ、帰って行く・・・・・。

このときもまだ、何人もの荒い息遣いが聞こえていたのです。しかし、男の子や若い女の人の声は、もう聞こえてはいませんでした。

              (吉岡忍著「墜落の夏」新潮社より)




続いて4人の生存者の内、当時12歳だった川上慶子は後に以下のようにも語っています。631f4e2c.jpeg
 

「ヘリコプターの音が聞こえて来て、赤い明かりも見えて、真上迄来て止まってホバリングみたいにして・・・。
ああーこれで助かるわって皆で言ってたら、ヘリは引き返した。

これで場所が判ったから、又皆で沢山来て助けてくれると話したけど、それきりで来ん様になった。その内、皆話さなくなった・・・。あの時早く助け出していてくれれば、もっと多くの人命が救われたのに・・・。」


史上最大の航空機事故の惨状は生存者の証言が何よりも心に響き、そして真実を伝えます。


事故から、20数年経過した現在も、事故原因の再調査、真の原因究明が遺族をはじめ、多くの人々から叫ばれています。この世界最大の航空機事故はあまりにも不可解多すぎます。


背後に真相を握りつぶす、巨大な陰謀を感じます。そう、911の航空機テロのように・・・。

 


これからお伝えするのは後に「JAL123便 米軍幻の救出劇」と呼ばれるものです。
                     
           日本航空123便 墜落事件②へ続く・・・



↓↓↓↓上記の日航123便墜落事故のブログ記事や写真は以下を参考に記しています。
 
 

 ━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━
◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:ATGC.Ikusa 
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
気づいてください!伝えてください!

 

拍手

ものすごい重要であるにもかかわらず、しばらくほっときっぱなしだった「空洞地球亜空間インナーアース」について今回は触れたい。


あなたは1990年代、亜空間インナーアース上空を飛行したアメリカ人パイロットの名前をご存知だろうか?


「知ってるよ!バード少将!

 

違う、そうではない。

確かに彼は、「ハイジャンプ作戦」において北極から、「ディープフリーズ作戦」において南極から計2回にわたってインナーアース上空を飛行し、インナーアースの地形をスチールカメラやビデオフィルムに収めている。しかし、それは1946年1956年のことである。

 

私がいいたいのは「1990年代」にインナーアースの空を飛んだアメリカ人パイロットのことだ。しかも2人もいる。

 

バーナード・ホルム少尉」と「ピーター・S・デイヴィス中尉」の2人である。

 

1998年2月、4月アメリカ軍基地エリア51を飛び立ったアメリカ製デルタUFOオーロラ2機はインナーアースへの亜空間の入口がある北極上空へと飛行。そのままプラズマトンネルに向けて突入した。
02_01.jpg02_02.jpg02_03.jpg






当初の予定ではインナーアース「アルザル」に入ったアメリカ製UFOは、地球内部亜空間世界を詳細に調査して、膨大なデータを抱えて地上に戻る予定であった。

しかし実験は2回とも失敗であった。プラズマトンネルへ突入したまではよかったが、そのままインナーアースから戻って来ることは無かった



そもそもアメリカ製デルタUFO「オーロラ」とは何なのか?

以下に飛鳥昭雄氏が「NSA(アメリカ国歌安全保障局)」元幹部プルーム・マッキントッシュ氏の形見の品として受け取った極秘文書、通称「M-ファイル」からの情報を記したいと思う。「亜空間の謎と地球空洞論」(飛鳥昭雄・三神たける著、2004年、学習研究社刊参考)

エジソンを凌く大天才ニコラ・テスラが開発したテスラコイルを応用し、水爆の父エドワード・テラーは「レッドライトプロジェクト」と呼ばれるプラズマ兵器開発計画において、コードネーム「プラズナー」という兵器を開発した。

94427cde.jpeg

 australia_ufo_triangle_2146.jpg                   

 11_08.jpg 








これに、ジョン・ハチソンの発見したハチソン効果やロズウェルに墜落したインナーアース製デルタUFOの技術をミックスして、超高宇宙空間も飛行可能、さらに機体をプラズマで包むことによって鋭角ターンをしても内部では慣性が保たれるアメリカ製デルタUFO「オーロラ」が完成したのは1990年代後半のことである。

 

注意しなければならないのは、現在地球上空を飛び回るデルタ(三角形)型UFOには、インナーアース製の物と、アメリカ製のものがあるからややこしい

 

↓↓↓↓形状からアメリカ製UFOと思われる。プラズマの力は凄い・・・


そもそもM-ファイルによると1947年、かの有名なロズウェルに墜落したUFOの搭乗員は、ゼータ・レチクル星人、グレイなどではなく、丸刈りのモンゴロイドであった。


UFO墜落当時、軍よりいち早く現場に駆けつけた近隣住民たちは、口をそろえて「残骸に日本の漢字のようなものが刻まれていた」という。(おそらく神代文字であると思われる。)


29a.jpg死亡していたUFO搭乗者のDNAを調べると、日本人に特有なYAP(-)因子をもち、まんま日本人。ただし、明らかに違う点は寿命をつかさどるテロメア遺伝子を調べたところ、約1000歳の寿命が確認されたことだ。


彼らは一体何者なのか?
 

その答えは旧約聖書・外典エズラ記第13章41~45節にヒントが残されている。
 

「彼らは、多くの違法の旅を離れて、人がまだ誰も住んだことがない他の地方に行こうと決心した。彼らはそれまで住んでいた地方では守ることのできなかった掟を、そこで守りたかったのである。~中略~その地方を通り過ぎる道のりは長く、1年半に及んだ。その地方はアルザルと呼ばれている」

上記は有名な失われたイスラエル10支族についての記述である。ノアの大洪水を生き抜いた子孫であるイスラエル12支族は、様々な人種で構成されていた。そのなかの失われた10支族セム系と呼ばれる「モンゴロイド」であった。2587514a.jpeg

そのモンゴロイドのなかの一派の子孫大陸を南に縦断「秦氏」と名前を変えて、大洪水以前世界の中心であった日本に到着し、古代ユダヤの神殿に由来するいわゆる「注連縄と鳥居」に代表される神社の原型を作った。
 

別の一派は、イスラエルからユーフラテス川を北上して、やがてシベリアを通り北極のkc_mandala.gifプラズマトンネか、クンゴ・ジグメの遺跡のようなインナーアースに抜けるゲートから、地球内部亜空間アルザルに侵入したようである。(ちなみにインナーアースには先住民族として巨人族ネフィリムがいると思われる。)


シャンバラと言うのは、インナーアースアルザルの首都とされているが、第2次世界大戦直前に、ナチスドイツ、旧ソ連、アメリカ、中国といった超大国たちが真剣にシャンバラ探しをしていた事実はあまり知られていない。第2次世界大戦のゴタゴタからしばらく保留されていた問題が、大戦後、ロズウェルにインナーアース製のUFOが墜落したことで急遽問題が再浮上したのである。

 

大混乱に陥ったのは、闇の世界権力の霊的中枢レプティリアン達である。ノアの洪水で一度、白紙に戻ってしまった地球支配計画からこつこつと月日を重ねてきてあと一歩というところまで来た。レプティリアン母星(
母次元)からの応援はとっくの昔から銀河連邦によりマークされ途絶えている。
 

そんな中で、新たなる敵が自分たちの足元に潜んでいたのだ。


14_11.jpg唯一の救いとしては、向こうから直接攻撃を仕掛けて来る様子がないということである。その間になんとか最重要かつ最優先課題である。そこで闇の世界15_24.jpg権力は、闇の世界権力は世界を一つにまとめて軍事テクノロジーのレベルを上げなければならない。大至急の地球統一政府、管理可能なまでの人口削減、宇宙開発、テクノロジーの研究開発、避難用の地下都市建設などでお金を使い切ってしまった。


なぜ彼らが、裏ではすでに地球を牛耳っているのにも関わらず、さらなる資金を求めようとするのか?その原因はこういう理由があるからである。しかし、お金を大至急膨らませることに集中し過ぎた先物取引世界経済は、現在一気に破たんして、闇の世界権力は金面工作にてんてこまいである。こんなどん底まで来た彼らの次なる作戦は、得意の戦争を起こして利益を上げるというやり方しかない。

 

我々が日々暮らす世界の実際は、こんな微妙な状況の上で成り立っているのが現実なのかもしれない。




↓↓↓ちなみにアルザル人に会った神坂さん(旧日本軍のUFO開発者)のインタビューです!(2:26あたり)




↓↓↓今回の記事の参考はコチラ!!





━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━
◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:ATGC. 
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

気づいてください!伝えてください!

拍手

<< 前のページ 次のページ >>
ブログ内検索
最新コメント
[09/18 スジャータ]
[09/17 星咲マリア]
[08/31 人]
プロフィール
HN:
Ikusa
性別:
男性
自己紹介:




2012年から起こる驚愕の未来をあなたはご存知ですか?今すぐ、気づいて下さい。そして伝えて下さい。
バーコード
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]