忍者ブログ
気づいてください!伝えてください! HPに描ききれなかったアセンションに向けてのIkusaのブログ!
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

061-f-fuhito-2.jpg今回の記事の主人公は「真のアマテラス復権!②マジンガーZ編」と題して、兜ではなく「不比等」です!(←やっぱりアニメかよ!て突っ込みは無しです(笑)

(ちなみに真のアマテラス復権!①の記事はコチラ)

↓↓↓↓今回のBGMはコチラ!


藤原京。「古事記」「日本書紀」で真の歴史を改ざんした日本最大のフィクサー、yerd_67_1.jpg原不比の姓で呼ばれるようになったその都は、694年、持統天皇から始まり、710年の元明天皇の平城京遷都までのわずか16年間だけのものでした。


 

北に耳成(みみなし)山、東に天香具山、西に畝傍山・・・・通称「大和三山」に囲まれたその都は、湿地帯に造られたこともあり、汚水処理がままならなかった為に、すぐに廃都となったなど諸説いわれています。

fujiwara-fusuimap2.jpg


しかし、このわずか16年で閉鎖された都が、じつはある隠された目的の為に、約1300年経過した現在も機能していると知ったら、驚きを隠せないでしょう・・・。

 

 

ある隠された目的・・・それは、一体何なのでしょうか? 

 


それは「ある存在」「封印」するための「呪詛」です。





 
今回からブログでご紹介するのは、そんな呪詛に封印された「真のアマテラス」復権までのエピローグです。
 

 

kutinasi.jpg 「飛鳥の地上絵 呪いの巨人像」(2006年、学習研究社刊)の著者、山上 智氏は、藤原京のすぐ北側に位置している耳成(みみなし)山に登頂する際、沢山の「梔子」の花が咲いている事に気がつきましmenasikawa.jpgた。




そして近くに流れる川の通称は「目無し川」

 mizarru.jpg

耳なし、口なし、目なし・・・・。

 まるで、感覚器官をシャットアウトされている人間の「頭部」そのものです。

 


続いて山上氏は、藤原京跡地20箇所以上「春日神社」が集中している点に着目。
 

koyanene.jpg

「春日神社」の主要な祭神は「天兒屋根命」。「古事記」の中で、女神、天照大神が岩戸に隠れた時、他の神々と協力して、岩戸開きのための祝詞をあげた「呪詛」の神さまです。



そもそも「天兒屋根命」は、藤原氏(元・中臣氏)の祖神であり、「春日神社」は奈良・平城京にある藤原不比等の本拠地「春日大社」の分社です。



そこで山上氏は、藤原京跡地に散在している春日神社を、地図上で試しに結んでみました

 

74e1fc39.jpeg
驚くべきことに、そこに描かれたのは、なんと「耳成山」を頭部とし、藤原京を片手に剣片手に盾をもつ「巨人像オリオン」でした。

(ちなみにギリシャ神話には酒の神ディオニューソスが巨人オリオンを泥酔させ、両眼を剔って盲目にする話があります。ここでは目無しが登場しますね。)orion.jpg






ここに見えてきたのは「呪詛」の神を祖に持つ日本最大のフィクサー、藤原不比等の都を丸ごと使った壮大なスケールの封印です。




著者の山上氏は、この巨人像を、「当時、不比等をライバル視していた、石上朝臣麻呂の不比等個人に対する呪詛」と結論しストーリーを展開していきます。




そのくだりは、是非著書を購入して読んで頂きたいですが、私Ikusaにはどうしても腑に落ちない事がありました。

「たった一人の人物を呪詛するために、神社を20個も建立し、都を丸々利用するのだろうか?しかも、相手側の氏神を使って? それなら巨人像ではなく、藁人形で十分なのではないか?しかもこの巨人像の目、耳、口が封じられている理由が説明されてないのでは・・・・?」


そこで私は更に突っ込んで色々調べて見ました。そこに現れたのは現在にも続く不比等の巨大な陰謀でした。

(ここから先は、私Ikusaの個人的な推論になるので、あらかじめご了承ください。)

 

kasuga.jpg

ではまず、不比等のホーム、春日大社の創設から確認してみましょう。
 


 

春日大社は、藤原京のすぐ後に遷都した奈良・平城京鎮護の神として、藤原氏が常陸の鹿島神宮から「武甕槌命」を勧請し、同じく平城京の頭部に位置する春日山の頂siro.jpgに祀ったのが最初とされています。 (ちなみに、この「鹿島の神」白鹿の背に乗って来たという伝説から、奈良公園には沢山の鹿が居ます。) 






jijijjijij.jpgそして先ほどの「呪詛」の神、「天兒屋根命」を河内から勧請、他二神と供に、「春日四所明神」として藤原氏繁栄の守り神として、今日まで至っています。


 


しかし、じつはこの春日山一帯では、藤原氏が氏神を祀る前、すでに「別の神」が祀られていました


 

伝承を探ると以下のような話があります。

元々、春日山には「巨勢祝」なる神様が居た。しかし、この神は耳が不自由(耳無し)だった。そこに、鹿島から「春日明神」がやって来た時、「巨勢祝」に『山を3尺(約1メyanma.jpgートル)借りたい』と申しでた。



耳が不自由な為、あまり詳細を聞き取れなかった「巨勢祝」は、それくらいならと、あまり深く考えず、OKしてしまった。しかし「春日明神」が主張していたのは、山全体を「地下3尺」まで借りるという内容だったのだ。

だから現在も春日山の樹木は、地下3尺以上根を下ろさないという。」

 kuniyuzuri.jpg
 

耳が不自由な事を利用して、無茶苦茶な契約をさせる・・・・。
「古事記」の出雲の国譲り(国奪い!?)の記述同様、「春日明神、武甕槌命」はまるでインチキ地上げ屋(笑)並の活躍です!(←あ!でも祟らないデネ!)





かくして「耳なし巨勢祝」のブレーンごと乗っ取った藤原氏は、同じく耳成(みみな51H2Z8K2S8L.jpgし)山を頭部とする巨人、藤原京を完全にリモートコントロールできるようになったのです。




まるで、マジンガーZを操る兜少年のように・・・・。
 



↓↓↓↓どんどん盛り上がっていきましょう!(笑)



大切なのはここからです。


感覚器官をすべて奪われ、完全に操られたマジンガーZ、藤原京。kyojinn.jpg
その片手には盾、そして他方には今にも振り下ろさんとする剣が握られています。




では一体、このマジンガーZは、操られるまま、盾で何を防ぎ、剣で何を斬ろうとしているのでしょうか?

 


izumo.jpg実は盾で防いでいる方角を延長していくと「出雲大社」にぶち当たります。
なるほど、出雲本拠地からのエネルギーを跳ね返してるような形になります。





では、剣が振り下ろされる先には一体何が・・・・??

 

 

miwamiwa.jpg
そう、賢明な皆さんはすでに御察しの通り、「封印されしアマテラス」が眠るあの「お山」です! 


galaxy_chogo-z.jpg


 

・・・・・・・・・・次回へ続く!鋼ご機体!!

 




P.S  ↓↓↓コチラはスペインでアセンションしてました(笑)
 

↓↓↓↓4月4日23時20分~ テレ東で復活!見てね!
 


↓↓↓忙しい人はコチラでガマン(笑)
 




↓↓↓今回の記事はコチラを参考にしました!

 

━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━
◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:ATGC.Ikusa 
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
気づいてください!伝えてください!

 

拍手

PR

一部のUFOファンの中で昔からよく語られるところに、宇宙船による人類の救出劇(空中携挙)なるものがあります。


↓↓↓“UFOラプチャー”映画「ノウイング」より

 

それの筆頭に挙げられるのが、渡辺大起山本耕一さんの著書『宇宙船天空に満つる日』(1993年、徳間書店刊)ではないでしょうか。

その中から以下に、重要なポイントを抜粋してまとめたいと思います。 
 ココから>>>>

●現在、天空を満たしている宇宙船は、他の遊星からやってきたものです。
●地球は、進化のための世の終わりをまもなく迎えます。
●地球の地軸が、数日後に、急激に傾きます。
●その際には、地震、津波などの大変動が起こります。
●これからお伝えする地方の人々は、直ちに、速やかに、これから指定する地点に向かって出発してください○○地方の方は○○へ・・・・
●その地点に向かって進んでいくという「意志」がきわめて大切です。
●その地点に向かうという意志と努力を続けた人は、必ず何らかの形で乗船できます。s2-spacescifi-2.jpg

                         ・・・・・などなど

『地球は、大変動の総仕上げ入り、新しい地球と完全に生まれ変わる。まさに、宇宙人のいうとおり、プラネタリー・クリーニングの様が繰り広げられる。そして、乗船した人々は、母なる地球が生まれ変わる様を、地球の外から見ることとなるのである。』

『しばらくの間地球上は生命の住めない状態となる。その間、乗船した人々は、太陽系の他の遊星、あるいは宇宙母船の中で暮らし、新しい時代を切り開いていくための教育を、宇宙人より受ける。』

『このようにして待機期間が過ぎ、新しい地球が、人間が暮らせるほど安定して来ると、人々は再び、宇宙船に乗せられ新しい地球に帰って来る。このとき、もはや地球人は、昔の地球人ではない。』     
                             <<<<ココまで


渡辺大起さんは、知人が避難所暮らしの宿舎が、実際に金星に建てられているのをUFOにのってみてきた事をきっかけに、これらのことが「必ず起こる!」として著書に記しています。

 最近では、田村珠芳さんが自身の著書『これから宇宙人が救いにきます━UFO搭乗、あなたは出来る人?できない人?』(2008年、ハギジン出版刊)の中で、『宇宙船が次々人類をピックアップしていきます。暗黒の中で光り輝く魂はすぐわかるので、宇宙船にすくい上げていきます。全地球人を救えるだけの宇宙船は用意されています。あとはあなたの魂の磨き方にかかっています。』とほぼ同じようなことを述べています。

さらに彼女の宇宙連合からのメッセージを抜粋してまとめます。 ココから>>>>

●プレアデスからの応援隊がやってきました。UFOの母船が14基も来てくれました。
●巨大母船はジャパン、ホンシュウ、フジヤマの3基です。
●中型母船はトウキョウ、ホッカイドウ、センダイ、アキタ、ミヤギ、ナゴヤ、シコク、ヨコハマ、キリュウ、トオカマチ、タカオカの11基です。
●それぞれ小型機を積んでおり小型機は600人乗りです。全部で1200万人には乗れるそうです。
●その時が来るまでに魂を浄化して、光を強め大きくしておくようにとのことです。
●実際に交流が始まるのは、2010年の終わり(地球の地軸が移動するのは2014年)
●2011年、12年と私たちは2年間かけて宇宙のこと学ばなくては行けません。
                     ・・・・・・・などなど


また、地球人が移住する星の情報を、宇宙神霊アーリオーンをチャネリングする北川恵子さんも著書『アーリオーンメッセージ』(1996年、徳間書店刊)の中で以下のように述べています。  ココから>>>>

『我々宇宙神霊団オリオン星系M42に新しい太陽系を用意している。地球からの転生魂を受け入れる余地のある太陽系だが、すべての人の霊魂を受け入れる余地は無い。M42に転生出来る霊魂は限られているのだ。その理由は今horse_n.jpgは話せない。了解してもらいたい。~略~最後の手段として用意しているのが、この新しい太陽系なのだ。しかし、この太陽系が成熟して人類という形で生命発生できるまで、まだまだ気の遠くなるような時間が必要なので、極力、地球存続の方向へと努力してもらいたい。~略~肉の文化の発展のみに奔走し、霊の部分を全く無視し続けていた魂は、無に還元される可能性の方が大きいことを伝えておく。~略~あなたがたが地球存続の方向への強い意志を持ち、1人1人ができることをしようと努力することが、地球を救う道だ。そして、その行為が万が一の場合の転生先M42への道だ』    <<<<ココまで
 


各々のメッセージは詳細は異なるものの、どことなく共通点が感じられるような気がします。


 しかし、たとえこの先、本当にに地球に大変動がおき、上記のような手段によって、肉体あるいは魂として無事に、他の星に避難できたとしても、必ずしも全ての人ハッピーエンドになるとは限らない可能性を提示してもいます。

その代表例として、アーティストである「神人」さんが2006年6月6日から、岡本天明氏が自動書記した「日月神示」の続きの啓示として、発表している「日月地神示」があります。以下に関連部位を抜粋します。 
ココから>>>>
『改心出来ぬもの、別の星へと死に変わり末代勉強致さすぞ。何度も生まれ変わり学べばよいぞ。この地は、神の世となりたのじゃから、うれしたのし感謝感謝の御魂のみしか住めん様になりて来ておるのじゃぞ。』『つ』の巻

『みなみなうれしうれしと暮らせる真の神世は、金も戦も苦もない世じゃ。みな、それぞれの意味を知ったものだけが生きるが故に、そのような世がなされて来るのじゃ。それ以外は、別の星へと移動じゃ。それだけのことであるぞ。その別の星とは、今までのように、戦、金に争う苦痛の学びとなるゆえ、それぞれ御魂のままにと申してある事判るであろうに。』  『と』の巻
                                <<<<ココまで
 


そして、これらとは根本的に意見が異なり、宇宙船救出劇は、闇の世界権力が仕組んだ演出だと訴える人もいます。

『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』ベンジャミン・フルフォード著、2009年、講談社刊)より以下に抜粋します。ココから>>>>

世界支配をもくろむ一部の権力が宇宙侵略を人工的に演出しようと、長期の計画を構想したのだ。「プロジェクト・ブルービーム」決行予定は2012年。これまで封印されてきた技術が総動員される。円盤を飛ばし電磁波を発信する。レーザーを使ってホログラムをつくる。~略~そうやって人々がパニックに陥ったところで、c0139575_20392099.jpg宙人が助けに来るという筋書きだ。宇宙人による侵略を演出して各国をだまし、それぞれが持つ核兵器を使わせる。宇宙人の行動をやめさせるのに必要なものと思わせて、できるだけたくさんの人間が死ぬように仕向けるのだ。軍事力を消費させ、人々がすっかり疲弊したところで、「いい宇宙人」「悪い宇宙人」を登場させて、すべての抵抗をやめさせる。~略~この時点で、すべての宗教と民族意識はそがれ、家族は解体し、世界が一つの考え方によって統一される

<<<<ココまで




・・・・・・・・さあ、すっかり困っちゃいましたね(笑)




では、最後は、上記を調べている中で興味深いメッセージがあったので、記しておきます。先ほどの神人さんの神示のなかで、神さまが「宇宙人さえもびっくり!」させる、世の元からの大仕組みとして『地球は宇宙の雛形論』を提示しています!  ココから>>>>

宇宙の御魂殿、それぞれ見ていなされ、そなたらの御魂同様じゃ。それぞれの御霊の代表じゃ。どれだけ、みなと仲良う出来るようになりたか、愉しみじゃのう。この星に居る者たち、みなそれぞれの星からの移住者ばかり。宇宙の雛形であるこの星に、そなたらかき集め、練りあげて、また元に戻す仕組み。故に、どこまでそれぞれが改心し学べimages.jpgたかが、それぞれの星の行く末でもあるぞ。誰一人とって、同じ星のものはおらんのぞ。縁ある星はあれども、同じ星の御魂は居らんのが、この方が作りた世の元からのお仕組みじゃ。どうじゃ判りたか。この星みておる御魂らよ。そなたらの思いも違うておろうに。これが、はじめの仕組み。いよいよ面白くなるぞひっくり返るぞ。お偉い殿、みな腰抜かすぞ。」 『も』の巻    <<<<ココまで

 

さあ、長々と記してきましたが、少しは参考になりましたでしょうか?

念の為、断っておきますけど、何も自分は空中携挙は必ず起きる!とかいや!そんなことは起きない!とかそういう事ではないんです。


まあ、実際はどんなことが起きるのかは、その時になれば誰の目にも明らかになることであり、議論しても無意味でしょうしね(笑)

そもそも、ひとりひとりの行き先が異なるならば、意見が一致する筈もないでしょうし・・・

あなたが、どんな未来を歩むのか?  それを知っているのはあなただけかもしれません・・・・



↓↓↓他、関連参考図書です!
  



━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━
◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:ATGC. Ikusa
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

気づいてください!伝えてください!

 

拍手

nakamadb.jpg今回は【次元】【悪を抱き参らせる秘訣】を『ドラゴンボール』から学んでみました!(ひょとしたら自分は只のアニメオタクなのではないか・・・・(-_-   )



最近、手塚治虫氏や身内すずえさん、諸星大二郎さん、星野之宣さん、安彦良和さんなど漫画家の多くが、意識しているしていないに関わらずチャネラーである事を理解してきました。
 65866aab.jpeg

そんな中で、現在世界的にも知名度、人気ともにこんなに世の中の事を上手な具合に表現した漫画はないな!と改めて関心させられる漫画があります。
 

おなじみ鳥山明氏の「ドラゴンボール」です!


↓↓↓↓そんなわけで今回のBGMはコチラ!


ドラゴンボールの登場キャラクターや世界感は本当になんでもありです。
 

そもそも主人公の『孫悟空』が、「地球外ヒューマノイド」です(笑)そして、当初はその事を自分でもすっかり忘れてしまっています(笑)。
 

登場キャラの中には「UMA」のような『怪獣・妖怪』などがが当たり前の様に登場します。

占い(ババ)』登場するし『孫御飯(おじいちゃんの方)』などは「幽体?」として登場します。
 

bejita1_2.jpg『レッドリボン軍』などはなんとなく「闇の世界権力」みたいですし、『ピッコロ』を始めとする『ナメック星人』や、『戦闘民族サイヤ人』など本当に多くの「宇宙人」が登場します。

悟空も一度死んでいますし、その後は「あの世(別次元)」にある『界王星』にて更なる修行に励みます。

 

最後の方は『フリーザ』やら『人造人間』やら「バイオテクノロジー」で造った『セル』なんてのも登場しましたね。
彼らはしょっちゅうシェイプシフトしてましたし・・・。e659ecb4.jpeg

  
『トランクス』が「タイムマシン」に乗って時空を越えて来たことも印象的です。

 登場キャラが使う派手な術や技にも注目です!
 

“武空術”なんて一種のレビテーションでしょうし、天津飯なんかは初めて悟空と戦う時は控え室で、自慢のgenki.jpgードアイ(笑)を使って瞑想していました。
 

“界王拳”や“スーパーサイヤ人化”は、神懸かったようなパワーUPですし、仲間内では“テレパシー”で会話します。

 

特筆すべきは“元気玉”で、これなんかは全ての惑星上のものからエネルギーを少しづつ集めるのですが、鉱物や植物にも意識があることを理解してないと不可能な技です。

 
 

ではこの『ドラゴンボール』から我々の世界にも通じる【次元の概念】【悪を抱き参らせる秘訣】を学びたいと思います。



ストーリーでは『悟空や仲間達』は、必死になって、『ピッコロ大魔王』や『フリーザ』などから地球を守るため、必死になって戦います。

 

ebc446de.jpeg確かに繰り広げられるストーリーは
とんでもなくても漫画紙面上という2次元の世界です。どんなに悟空や敵が惑星を破壊できる程強くても、それは平面2次元での話。



『悟空』や『フリーザ達』は我々3次元世界に生きる人間が、彼らの戦いを漫画として読んでいることはしりません。

 

では悟空を取り巻く豊富なキャラクターや暮らしている『地球』や『ナメック星』などの惑星、ストーリーの時間軸などは一体誰がつくっているのでしょう?akira.jpg


そうです。作者の【鳥山明さん】ですね!


鳥山さんは我々から見ると、大人気漫画家ですが同じ3次元に暮らす人間です。


しかし2次元の存在である『悟空』からみたらどう映るのでしょう?



味方のキャラどころか地球支配をたくらむ邪悪な存在さえ、そして惑星ストーリー(運命)まで、つくっているまさに【万物の創造主である神】となる事でしょう。


2次元世界では、どんなに強い『フリーザ』だって、『魔人ブー』だって鳥山明さんにかかればペン一本でどうにでも出来るわけです。


2次元の悟空達にとっては、まさか自分や敵までも作っている鳥山明さんが「もう一つ上の次元」に存在しているなんて夢にも思っていないことでしょう・・・・。

 

minna.jpgならば、我々人間の暮らす3次元世界に登場する、悪魔や宇宙人やお化けや運命というストーリーなどもすべひっくるめて作っている存在が、更に上の次元に存在していてもそれは全くおかしくないという事になります。



そして悟空達がけっして作者である鳥山明氏の存在に気がつかないのと同様に、我々も自分達の作者にはなかなか気がつかないのでしょう。

 

一体宇宙は誰がつくったのでしょうか?fuji.jpg
惑星は?海は?川は?山は?人間は?元となる太古の生物は?DNAは?分子は?原子は?素粒子は・・・?


そういうものを「神」に求めた古代人の方が現代人よりもよっぽど的を得ていたのかもしれません。

 

では、「神」は悪を嫌うのでしょうか?

pikokoro.jpg前記の例でいいかえれば、「鳥山明さん」は世界征服を企む『ピッコロ大魔王』や地球を侵略しようとする『サイヤ人』を憎んでいるのでしょうか?



もし、本当に憎んでいたら、ストーリーにも登場しない筈ですよね!


彼ら悪の敵役達も作者の鳥山さんにとっては、ストーリーを盛り上げてくれる可愛い可愛い登場キャラクターなのです!

 

では、我々の3次元世界に当てはめると・・・・?

 


ここに「日月神示」に記されるところの「悪を抱き参らせる秘訣」がひそんでいる様に思います。

今日までの御教えは、悪を殺せば善ばかり、輝く御代が来ると云う、これが悪魔の御教えぞ、この御教えに人民は、すっかりだまされ悪殺す、ことが正しきことなりと、信ぜしことの愚かさよ、

三千年の昔から、幾千万の人々が、悪を殺して人類の、平和を求め願いしも、それははかなき水の泡、悪殺しても殺しても、焼いても煮てもしゃぶっても、悪は益々増えるのみ、悪殺すてふその事が、悪そのものと知らざるや、神の心は弥栄ぞ、本来悪も善もなし、ただ御光の栄ゆのみ、

八又大蛇も金毛も、邪鬼も皆それ生ける神、神の光の生みしもの、悪抱きませ善も抱き、あななふ所に御力の、輝く時ぞ来るなり、善いさかえば悪なるぞ、善悪不二と云いながら、悪と善とを区別して、導く教えぞ悪なるぞ、

ただ御光のその中に、喜び迎え善もなく、悪もあらざる天国ぞ、皆一筋の大神の、働きなるぞ悪はなし、世界一家の大業は、地の上ばかりでなどかなる、三千世界大和して、ただ御光に生きよかし、生まれ赤児となりなりて、光の神の説き給ふ、誠の道をすすめかし、マコトの道に弥栄ませ
                      (日月神示 海の巻 弟五帖)
         

kamesenninndb.jpg
P.S 最初は確かに「敵」であった、ヤムチャや天津飯、ピッコロ、べジータなどが、結局は悟空のかけがいのない仲間になっていくストーリーこそ、神さまが望んでいるものなのかも知れません。

 


↓↓↓彼らは先に三次元にアセンション出来たようです(笑)





↓↓↓実は知らない間に全て学んでいたのかも知れません




━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━
◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:ATGC.Ikusa 
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
気づいてください!伝えてください!



 

拍手

<< 前のページ 次のページ >>
ブログ内検索
最新コメント
[09/18 スジャータ]
[09/17 星咲マリア]
[08/31 人]
プロフィール
HN:
Ikusa
性別:
男性
自己紹介:




2012年から起こる驚愕の未来をあなたはご存知ですか?今すぐ、気づいて下さい。そして伝えて下さい。
バーコード
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]