忍者ブログ
気づいてください!伝えてください! HPに描ききれなかったアセンションに向けてのIkusaのブログ!
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2c9135c2.jpeg1985年8月12日、羽田発大坂行き 日本航空JAL123便は、524人を乗せて離陸。

そのすぐ44分後の午後6時56分、群馬県、御巣鷹山に墜落

乗客のうち生存者は全員女性の重症4名。翌日8月13日に救出されたものの、525人は還らぬ人となりました。

単独としては世界最大の航空機“墜落事故”といわれています。sinnbunn.jpg

 

しかし、信じたくはないがこの“墜落事故”の真相が巨大な陰謀に包まれているとしたら・・・。

 

まずは以下の動画をご覧ください。

↓↓↓JAL123便墜落事故概要
 


↓↓↓JAL123便 ボイスレコーダー(短く編集されています)
 

↓↓↓墜落事故翌日4人の生存者
 

奇跡的に・・・いや奇跡によって一命を取り留めた乗客4名の内、現役のスチュワーデスで、
当日は非番で同機に乗り合わせていた落合由美さんの証言の内、重要と思われる部分を転載します。

jhijjp.jpg~略~そろそろ水平飛行に移るかなというとき、「パ-ン」という、かなり大きい音がしました。テレビ・ドラマなどでピストルを撃ったときに響くような音です。「バーン」ではなくて、高めの「パーン」です。急減圧がなくても,耳を押さえたくなるような、すごく響く音。前ぶれのような異常は、まったく何も感じませんでした。

音は、私のちょっとうしろの天井のあたりからしたように感じましたが、そこだけでなく全体的に広がったように思います。私は思わず天井を見上げました。しかし、振動はまったく感じませんでした。機体も揺れなかった。


ijijopkjpo.jpg~略~このときも、荷物などが飛ぶということもなく、機体の揺れはほとんど感じませんでした。しかし、何が起きたのだろうと、私は酸素マスクをしながら、きょろきょろあたりを見まわしていました。
あとになって、8月14日に公表されたいわゆる『落合証言』では、客室乗務員席下のベントホール(気圧調節孔)が開いた、とありますが、私の座席からはベントホールは見えない位置にあります。ですから、開いたのかどうか、私は確認できませんでした。


~略~機内の様子は、あわただしい雰囲気とかパニックなどということではなく、この段階では、まだ何とかなるんじゃないか、という気持ちがあったように思います。ただ、コックピットからの連絡は何もなくて、みんな不安な表情ではあったのです。このときも、荷物などが飛ぶということもなく、機体の揺れはほとんど感じませんでした。


~略~このころになると、機体の揺れは、じっと立っていられないほどでした。激しい揺れ、というのではなくて、前と同じように、左右に傾く揺れなのですが、その角度が大きくなって、座席につかまって二、三歩、歩いて、お客様の座席の下のベストをひっぱって、ちょっと座って、また二、三歩という感じでした。まっすぐ歩いて、あたりを見てまわる、ということはもうできません。


~略~揺れはいっそう大きくなりました。もう立っていることはできないほどです。救命胴衣をつけ終わってすぐに、ほとんどいっせいに安全姿勢をとりました。

~略~安全姿勢をとった座席のなかで、体が大きく揺さぶられるのを感じました。船の揺れなどというものではありません。ものすごい揺れです。しかし、上下の振動はありませんでした。前の席のほうで、いくつくらいかはっきりしませんが女の子が「キャーッ」と叫ぶのが聞こえました。聞こえたのは、それだけです。

そして、すぐに急降下がはじまったのです。まったくの急降下です。まっさかさまです。髪の毛が逆立つくらいの感じです。頭の両わきの髪がうしろにひっぱられるような感じ。ほんとうはそんなふうにはなっていないのでしょうが、そうなっていると感じるほどでした。

怖いです。怖かったです。思いださせないでください、もう。思いだしたくない恐怖です。お客様はもう声もでなかった。私も、これはもう死ぬ、と思った。まっすぐ落ちていきました。振動はありません。窓なんか、とても見る余裕はありません。いつぶつかるかわからない。安全姿勢をとりつつ”けるしかけるしかない。汗をかいたかどうかも思いだせません。

3713ff7a.jpeg~略~衝撃は一度感じただけです。いっぺんにいろんなことが起きた、という印象しか残っていません。回転したという感じはありません。投げだされたような感じです。衝撃のあとも安全姿勢をとっていなければいけないのですが、私はもう怖くて、顔をあげた。その途端、顔にいろんなものがぶつかってきました。固いもの、砂のようなものがいっぺんに、です。音は、まったく記憶にありません。音も衝撃も何もかもが一度に起きたのです。

衝撃が終わったあとは、わーっと埃が舞っているようでした。目の前は、もやーっとしているだけです。墜落だ、と思いました。大変な事故を起こしたんだな、と思ったのは、このときでした。


~略~墜落の直後に、「はあはあ」という荒い息遣いが聞こえました。ひとりではなく、何人もの息遣いです。
そこらじゅうから聞こえてきました。まわりの全体からです。

「おかあさーん」と呼ぶ男の子の声もしました。
lijhihjlj.jpg
次に気がついたときは、あたりはもう暗くなっていました。どのくらい時間がたったのか、わかりません。


~略~どこからか、若い女の人の声で、「早くきて」と言っているのがはっきり聞こえました。あたりには荒い息遣いで「はあはあ」といっているのがわかりました。まだ何人もの息遣いです。

それからまた、どれほどの時間が過ぎたのかわかりません。意識がときどき薄れたようになるのです。
寒くはありません。体はむしろ熱く感じていました。私はときどき頭の上の隙間から右手を伸ばして、冷たい空気にあたりました。

突然、男の子の声がしました。「ようし、ぼくはがんばるぞ」と、男の子は言いました。学校へあがったかどうかの男の子の声で、それははっきり聞こえました。さかし、さっき「おかあさーん」と言った男の子と同じ少年なのかどうか、判断はつきません。

私はただぐったりしたまま、荒い息遣いや、どこからともなく聞こえてくる声を聞いているしかできませんでした。

3_98458.jpg~略~やがて真暗ななかに、ヘリコプターの音が聞こえました。あかりは見えないのですが、音ははっきり聞こえていました。それもすぐ近くです。これで、助かる、と私は夢中で右手を伸ばし、振りました。けれど、ヘリコプターはだんだん遠くへ行ってしまうんです。帰っちゃいやって、一生懸命振りました。「助けて」「だれか来て」と、声も出したと思います。ああ、帰って行く・・・・・。

このときもまだ、何人もの荒い息遣いが聞こえていたのです。しかし、男の子や若い女の人の声は、もう聞こえてはいませんでした。

              (吉岡忍著「墜落の夏」新潮社より)




続いて4人の生存者の内、当時12歳だった川上慶子は後に以下のようにも語っています。631f4e2c.jpeg
 

「ヘリコプターの音が聞こえて来て、赤い明かりも見えて、真上迄来て止まってホバリングみたいにして・・・。
ああーこれで助かるわって皆で言ってたら、ヘリは引き返した。

これで場所が判ったから、又皆で沢山来て助けてくれると話したけど、それきりで来ん様になった。その内、皆話さなくなった・・・。あの時早く助け出していてくれれば、もっと多くの人命が救われたのに・・・。」


史上最大の航空機事故の惨状は生存者の証言が何よりも心に響き、そして真実を伝えます。


事故から、20数年経過した現在も、事故原因の再調査、真の原因究明が遺族をはじめ、多くの人々から叫ばれています。この世界最大の航空機事故はあまりにも不可解多すぎます。


背後に真相を握りつぶす、巨大な陰謀を感じます。そう、911の航空機テロのように・・・。

 


これからお伝えするのは後に「JAL123便 米軍幻の救出劇」と呼ばれるものです。
                     
           日本航空123便 墜落事件②へ続く・・・



↓↓↓↓上記の日航123便墜落事故のブログ記事や写真は以下を参考に記しています。
 
 

 ━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━
◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:ATGC.Ikusa 
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
気づいてください!伝えてください!

 

拍手

PR

人類管理コンピューター FEMA(フィーマ)

先ずはじめにFEMA フィーマとは一体何なのか? 1.jpg

ロックフェラーの本拠地アメリカ、ユタ州ソルトレイクに設置してある巨大軍事コンピュータの事である。

 
このユタ州の通信基地の巨大コンピューターには、全米、全欧州の市民のID番号が登録され、それは全米の各地方警察・CIA・FBI・国税庁IRSのコンピューター、さらにベルギーのブリュッセル(EU本部)にあるNATO軍指令部のコンピューターBEAST(獣)と連結され、市民の個人情報の蓄積を拡大し続けている。


同時にFEMAは、ヴァージニア州を拠点とした全世界の銀行間財務処理システム2.jpgSWIFT、また全地球規模電子資金転送システムEFT、さらにニューヨークを中心とした手形交換決済システム・コンピューターCHIPSと連結され、全地球規模の市民・企業の活動・資金の動きを完全把握している。


一言で言うと、何をするためのコンピュータなのか?


アメリカで今後、前述したような理由暴動などがおき、戒厳令が敷かれた際は、全国民を番号総支配・管理する為に用いられるものだそうだ。これで生存者状況など、国民の動向f96cd84d.jpegを徹底して追跡管理するようである。


例えば今後、カードや電子マネーによる支払いが浸透すればする程、FEMAに「問題のある人間」と認定された人物は、「どこで缶ジュースを買ったか」まで完全に把握され、さらにはその資金さえ口座を凍結される事で奪われ、生存する権利を奪われる事になる。
 

現在FEMA通信本部は、レーザー光線、赤外線による監視システムを完備した上、基地周囲を複数の中型戦車で完全包囲する厳戒体制を常時取っている。ペンタゴンでさえ取っていないこの異常な警戒体制は、この通信基地の重要性を示しているとも言える。5ba56b44.jpeg

 

既報の災害救助法により、米国の全公務員は、FEMAの指揮下に入る事が義務付けられている。他に以下がFEMA指揮権にはいる。

●アメリカ合衆国大統領特別命令第10995号「全報道機関の接取」。
●第10997号「全ての電気ガス石油エネルギーとその施設の接取」。
●第10998号「全食料と農場の接取」。
●第10999号「車両等の輸送手段、高速道路、港の接取」。
●第11000号「全市民への強制労働命令権」。
●第11001号「全病院、福祉施設、教育機関の接取」。
●第11002号「全市民の個人情報の政府への登録義務化」・・郵政長官が実行義務の実施機関となる。
●第11003号「全航空機、空港の接取」。
●第11004号「住宅予算局を窓口とした全市民の強制移住命令」。
●第11005号「全鉄道、運河、倉庫の接取」。
●第11490「政府の全権利、機能のFEMAへの移譲」。

 3.jpg
更にアメリカ各州では既に自動車解体工場などの名目FEMA CAMP(収容刑務所)がどんどん増設されている。この刑務所には鉄道線路が併設されており、各地からの暴動逮捕者反政府主義者などを強制送還するためのFEMA TRAIN(電車)の試運転も目撃されている。




↓↓↓FEMA CAMP(収容刑務所)
 

 


それらに関連するもので特に不気味な存在なのがFEMA COFFIN(棺)と呼ばれるものだ。

↓↓↓先ずはFEMA COFFIN(棺)に関する以下の動画をご覧いただきたい。


 

来るべき状況に備えて、闇の世界権力はこんなにも現実的なアジェンダ(計画)で人口管理・削減の準備を進めているのである。まさに驚愕である。そしてこれに追従するような動きが各地で見られ、日本も例外ではないという。


1edb28df.jpeg

人口管理コンピューターFEMA をご紹介したが、これはアメリカ軍事のほんの一部である。では他にもアメリカの最新兵器はどのような状況になっているのだろいうか?解かる範囲でお知らせしたい。





まずはすでに有名な地震(気象)兵器 HAARP(ハープ)から話そう。

地震(気象)兵器 HAARP(ハープ)

↓↓↓地震兵器HAARPとは!?(5:00位~) 他プラズマ兵器、光学迷彩服なども紹介

haarp222.jpg
19_03.jpg19_07.jpg



 





↓↓↓HAARP起動時。テスラコイルみたいな光です。作用は電子レンジみたいなものです。
温めすぎたカレーが爆発する原理を利用しています。


19_11.jpg

19_12.jpg19_05.jpg






↓↓↓HAARP目標地点には不気味な虹色の地震雲が発生します。(中国四川地震10分前)


噂によると外交政治のカードとして、言う事を聞かない国々に既に何回も使用しているという。本国も例外ではないし、今後も可能性が十分にある。なにもこれに限らず防災グッズなどは準備しておいた方がよいだろう。

インド洋にはアンダマン諸島には7万年の太古から生活をかえていない部族が存在するが、彼らは津波が来る前に、他の動物達と同じように高台に逃げて全員無事だったという。それに比べて、現代人は津波の前の引き潮を面白がって海岸を散歩していたというからあきれる。現代人の直感(霊性)はここまで堕落してしまっているのだ。

 



 

③レーザー兵器ノーチラスTHEL(The Nautilus Tactical High Energy Laser)5f0e62a9.jpeg

ノースロップ・グラマン社によって開発されパム・ロジャーズ米国陸軍スポークスウーマンはアラバマのハンツヴィルのレーザー実験施設『スターファイアー』で、重水素フッ化物化学レーザーが長さ11フィート直径6インチ(長さ3.3m直径15㎝)のロケットを破壊したと語り、さらに飛行する短距離カチューシャロケット28発と砲弾5発の壊滅に成功しました。

↓↓↓↓THEL レーザー兵器

15_24.jpg0014faf9.jpeg15_10.jpg






ボーイングは「次期戦術レーザー計画」の元で開発を進めてきた高出力化学レーザーをC-130Hガンシップ機に実装を完了したことを発表しました。今回高出力レーザーを実装したC-130Hガンシップを使って飛行中の機体から地上の目標に向けてレーザーを発射する実験を行う予定です。s07121301.jpg


また、モバイルレーザー兵器も開発済みです。米国カリフォルニアのTRW社では、5マイル(約8Km)先から『人体を貫通させるほどの破壊力』のレーザーライフルの研究を長年続けています。LE System Incが販売している『Laser laser_beam_rifle.jpgDazzler』と言う、要はハイパワーグリーンレーザーを利用した『目隠し(目潰し)兵器』です。ハイパワーレーザーを目に直接照射すると、一時的な目くらましになるだけでなく、目の奥の網膜が焼きついて視覚障害や、最悪の場合失明の可能性もあると言う、非人道的で且つ本当に恐ろしい程効果があるからです・・・。

 





④バリア兵器


40f3fc93.jpeg15_21.jpg







↓↓↓だんだんスターウォーズ化してきています。





⑤反重力兵器
(Anti Gravity  Weapon)14_11.jpg
14_12.jpg10_05.jpg






過去地球に墜落した多くのUFOからテクノロジーを奪いました。

17_02.jpg17_03.jpg10_09.jpg







実は「反重力」は特に難しい技術ではありません。

↓↓↓家庭の科学実験で可能なレベルです。
 





⑥宇宙戦闘機
など
ボンバーライダーB2 MHDなど宇宙戦闘機、地球製UFOなどなどです。  

12_11.jpg13_13.jpg12_05.jpg






13_19.jpgx47.jpg14_16.jpg












⑦バイオケミカル兵器
july012.jpgH1N1.jpgH1N1zu.jpgjuly005.jpg









おなじみ、人工鳥インフルエンザ、人工豚インフルエンザ、人工SARS、人工AIDS、とそれぞれに対応するナノマイクロチップ入りワクチンなど・・・

↓↓↓バイオケミカルウェポン








上記のようなテクノロジーを多くの地球人は平和、クリーンエネルギーの利用にこそ使って欲しいと願っています。しかし、現在我々地球人は闇の世界権力イルミナティの支配下にあるので、テクノロジーは殺人兵器にばかり利用されてしまいます。

↓↓↓N・W・O


 ↓↓↓人口5000万人計画『アングロサクソン・ミッション』




兵器の開発となると他国に軍事技術が流れては困ったことになる。その理由から、兵器開発においては、企業と軍部が共同で行うことになる。やがて、これがコングロマリッ84e063b4.jpegト化し、巨大なモンスター「軍産複合体」を生み出す。こうなると大変である。軍需産業の景気は、戦争次第。戦争を行うのは軍部。両者の思惑が一致するとき、新たな戦争が始まる。軍事産複合体が生き残るためには、戦争をし続けなければならないという悪夢となるのだ。

社会が行き詰った時、江戸時代のように自ら軍備を縮小する精神性をもった日本人こそ、最後の頼りになると思います。その為には、皆さん!いち早く自分の心の中の戦争を終わらせましょう!モチロン、私もですが・・・・ (*´-`*)ゞ


P.S 闇の世界権力のアジェンダ(計画)の最新情報はアレックス・ジョーンズ氏のサイトが大変参考になります!↓↓↓
http://www.infowars.com/


↓↓↓驚異のテクノロジーの急激な進歩の裏がわかります。




━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━
◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:ATGC.Ikusa 
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━

気づいてください!伝えてください!

 

拍手

2008年11月12日のCNNネットニュースの記事を見てみよう。

引用ここから

米大統領選で銃規制に積極的な民主党のバラク・オバマ候補が当選したことを受け、銃規制が厳しくなると不安に感じた人々が銃の購入に走っている。大統領選後、全米の銃器店で売り上げが増加し、前年と比べて2─3倍となった店舗も出ている。

首都ワシントン郊外、バージニア州マナサスで銃を販売するバーニー・コナッツァーさんは大統領選が終わってすぐの週末となった8日、通常なら1週間分の売り上げをたった1日で達成したという。CNN200811120031.jpg

「ここで商売を始めて12年。これまでに、2000年問題(Y2K)や米同時多発テロ、大型ハリケーン『カトリーナ』の襲撃などで、銃の売り上げが増えた時期はあるが、ここまでの急増は経験したことがない」と話している。

購入者のほとんどは、オバマ次期政権が発足すれば銃器売買に関して規制が厳しくなると恐れており、駆け込みで買い込んでいるという。また、購入者だけではなく販売側にも厳しい規制がかけられるのではないかと、店側も懸念している。  ~中略~

一方、米連邦捜査局(FBI)によると、11月3日から9日までの1週間に寄せられた、銃器購入者の身元確認や過去調査を実施するよう求める要望は、37万4000件に達したという。この数は昨年同期から比べて49%増で、多発する銃犯罪を多くの米国民が憂慮しているようだ。

引用ここまで


0fd12ad0.jpegオバマ氏は、銃所持の権利を認めながらも殺傷能力の高い銃の販売禁止や子供を銃犯罪から守るため「合理的な規制」の必要性を主張している。なるほど、確かにオバマの銃に対する政策は立派であろう。

しかし、実際はどうであろうか?

銃器の規制は「あくまでも予定」としているのに対して、銃器の「売り上げは3倍」になった事実だけがある。大統領になった後で、やはり「全米ライフル協会の反対」が強くて「銃規制ができませんでした」なんてオチにならない事を祈る。


さあ、 あなたはどう感じたでしょうか? 
 

↓↓↓次にデービッド・アイクの動画を見ていただきたい

 社会を望む方向に操作したいとき、真正面から言論で主張しても、強力な反対意見におされて成就できない。だから闇の世界権力はそんな方法ははじめから用いない。彼らが行うのは「ヘーゲル弁証法」というマインド・コントロールだ!それには以下の手順をふむ必要がある。

【目的】を達成する為に・・・・・『①問題捏造②反応待ち③解決策

 ここで、闇の世界権力の「最終目的」を確認しなおさなければならない。これはHPでも記した殺されたアーロン・ルッソ監督がロックフェラーから直接聞いた証言を残している。それは【世界統一政府(NWO)実現の為に、管理可能な地球人口を10億人にまで減らす。そして残った人々にマイクロチップを埋め込み完全支配社会を実現すること】

↓↓↓闇の世界権力の最終目的

CATNZ7E3.jpgでは、上記をふまえて解かりやすく「911の自作自演テロ」で説明しよう。

911の真の目的は石油の利権、兵器販売による利益、中東の人口の削減、中東に基地を置く事による次の情勢緊張への演出(対シリア、イラン)、イラクシュメール遺物の証拠隠滅】などだった。そのために、真っ向から「イラクを侵略」しても勿論世論が許さない。だからここで「ヘーゲル弁証法」をつかった。

 

①問題捏造・・・・自作自演のテロを起こし、他者から一方的に攻撃された嘘のストーリーをメディアで放送。

②反応待ち・・・・どうするんだ?次なるテロが起こるのではないか?人々の不安、恐怖、憤り・・・。

③解決策・・・・・更なるテロ根絶の為の報復が必要という世論がヒートアップ、法律を替え、正義の名の下に侵略戦争開始

 

よって、闇の世界権力は当初の目的を簡単に貫徹するのである。そのために払った犠牲・・・ビルや航空機などもちゃっかり保険をかけておき、さらに人口をここでも削減を行っている。よって事実上の損失はまるでない
 

CA43KZ2N.jpg
では、今回の世界恐慌(通貨危機)で、闇の世界権力がたくらむ目的とは何だろう?
それは、【新通貨アメロ(AMERO)の作製による旧ドル借金の帳消し(兼世界統一に向けての通貨統一)、経済混乱による食料流通危機と犯罪多発化に伴う人口削減、マイクロチップによる人間の管理】などであろう。

 

①問題捏造・・・・世界恐慌を起こし、経済の混乱と通貨危機、金融機関の倒産

②反応待ち・・・・預金封鎖などがおこり各地で暴動勃発。(そのための準備された銃器販売促進、凶悪なテレビゲームによる洗脳)殺し合い、食料流通不備による人口削減。犯罪多発に対する人々の恐怖、不安、憤り・・・。

③解決策・・・・犯罪を減らす為の管理という名の下、マイクロチップの義務化。収拾つかなくなった経済を回復する為の新通貨アメロ(AMERO)の発行。




↓↓↓人間牧場を完成させるマイクロチップとは!

このようなシナリオが裏では着々と進められているのだ。

「調和ある社会を操作するのは難しいが、混乱した社会を操作するのは簡単だ!彼らは混乱が欲しいのだ!犯罪率が下がっては困るのだ!」
                                                                                                             デービッド・アイク

 

これから数年の大激変に貴方はどう対応していくのだろうか?
↓↓↓うわさのアメロ紙幣・・・
new2050100ameropapernotes.jpgnew50ameronote.jpg






 

↓↓↓NAU(北アメリカ連合)とアメロに関する報道



P.S
「自由も共産も共倒れ、岩戸開けたのであるから元の元の元のキの道でなくては、タマの道でなくてはたちてはいかん・・・」
        日月神示 五十黙示録  昭和36年5月10日


↓↓↓CDSとともに!?壊れゆくアメリカ・・・

 

━━━━━━━━━発行者サイト情報 ━━━━━━━

◆ サイト名:心&身魂のアセンション
◆ 運営者:Ikusa
◆ URL:http://ascension.mikosi.com/
◆ ブログURL:http://ascension.mikosi.com/blog.html
◆ Email :ascensionnote★gmail.com(★→@)
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 


気づいてください!伝えてください!

拍手

ブログ内検索
最新コメント
[09/18 スジャータ]
[09/17 星咲マリア]
[08/31 人]
プロフィール
HN:
Ikusa
性別:
男性
自己紹介:




2012年から起こる驚愕の未来をあなたはご存知ですか?今すぐ、気づいて下さい。そして伝えて下さい。
バーコード
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]